学級通信のタイトルには人生のテーマを掲げる

学級通信 タイトル

本物の『学級通信』に起こる不思議な現象

子どもたちに、そして保護者に刺さる通信にだけ起こる特別な現象。

それは「学級通信」と呼ばれなくなるということ。

 

広島県の先生が発行されていた学級通信は『ポレポレ』というタイトルでした。

「ポレポレ」とはスワヒリ語で「ゆっくり」を表す言葉。

 

保護者からバックナンバーを求められるほどの人気学級通信です。

 

しかし、この学級通信、生徒や職員、保護者から「学級通信」とは呼ばれません。

「ポレポレ」と呼ばれます。

 

大阪府の先生が発行されていた学級通信があります。

学級通信の名は『縁(えにし)』。

やはり、「学級通信」とは呼ばれません。

『縁(えにし)』は『縁(えにし)』と呼ばれます。

 

心に刺さる、そんな学級通信は『学級通信』とは呼ばれなくなります。

 

学級通信には先生が一番届けたい言葉がいい

学級通信のタイトルは学級目標以上にクラスのテーマを表現しているように感じます。

本物の『学級通信』はタイトルで呼ばれるようになります。

つまり、子どもたちや家族の会話の中に、通信のタイトルが登場するようになります。

 

長年連れ添った夫婦がだんだん似てくるように、子どもたちもだんだん学級担任の先生と似てきます。

その先生が大切にしているものが伝染していくのだと思います。

そして、その伝染力を高めるためにも、学級通信は素晴らしい力を発揮してくれます。

 

「焦らなくていいよ。ゆっくりでいいよ」というメッセージが込められた『ポレポレ』は、バックパッカーとして世界を旅した、その先生そのもののような気がします。

 

大ベテランの大阪府の先生は、きっとご縁の大切さ、人との出会いへの感謝を感じていらっしゃるのだと思います。そんな先生自身の深い想いが『縁(えにし)』というタイトルには込められているのではないでしょうか。

 

言葉は「ことだま」です。

タイトルを口にする機会が増えれば増えるほど、その想いは伝染していきます。

『ポレポレ』学級は、『ポレポレ』な雰囲気になりますし、『縁(えにし)』学級は、縁を大切にした学級に育っていました。

 

今、一番刺さる言葉をタイトルに

僕がこれまでつけてきた学級通信のタイトルは『◯◯主人公』。

 

「一人ひとりの子どもたちが輝くクラスにしたい。ここには、いなくていい子は一人もいない。教室をすべての子どもたちの居場所にしたい」

これが僕のメインテーマでした。

 

ところが、当初はなかなかうまくいきませんでした。

 

初期の学級通信のタイトルは『あなたが主人公』。

ちょっと個人主義のクラスができあがりました…。

 

続いて『みんなが主人公』。

ちょっと先生と生徒に距離を感じるクラスでした…。

「だって、オレたちが主人公でしょ?」

 

で、今は『だれもが主人公』。

「自分も主人公だけど、あの子も主人公なんだ」

そんなクラスになりました。

みんな違ってみんないい!

あの子も輝いてるし、僕も輝いている!

そんなクラスです。

 

タイトルが変わるごとに、僕自身のマインドにも変化がありました。

 

あなたが一番大切にしていることをタイトルにしてみる。

ハッピーに生きるためのキーワードをタイトルに落とし込む。

そして、それが学級のキーワードになったとき、教室は「ハッピーな教室」になるのだと思います。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 今一番心に刺さる言葉を学級通信のタイトルにしてみる。