教室をハッピーにする志事は20%しかないんだよ

パレートの法則

『80:20の法則』

『パレートの法則』と呼ばれる有名な法則があります。

「全体の80%は一部の20%が生み出している」という法則です。

「売り上げの80%は、顧客の20%が生み出している」という形で使われているそうです。

 

この法則は、僕らの仕事にもちゃんと当てはまります。

「目の前の子どもたちをハッピーにする」

それが、僕らの志事です。

ところが僕らが優先する仕事は、子どもたちをハッピーにする志事より、「やらなければならないこと」だったりします。

そこから抜け出すために大切なことは、大切な20%にフォーカスすることです。

 

ものの見方と考え方を変えてみる

あれもしなきゃ!これもしなきゃ!とパーフェクトに指導をしようとする。

すると、どんどん苦しくなっていきます。

 

身体は一つ!

時間はだれにでも24時間。

 

同じ条件のはずなのに、うまくいく先生とうまくいかない先生がいます。

それは、才能なのでしょうか。

僕は違うと思います。

 

ものの見方や考え方を変えれば、だれだってうまくいくのです。

才能は関係ありません。

 

才能でしか教室をハッピーにできないのであれば、多くの教室で不幸な子どもたちが生まれてしまうでしょう。

 ある一定の才能がなければ、処理しきれない仕事量であるならば、もはやそれはシステム上の問題です。

幼稚園や保育園、小学校、中学校の先生は、100万人ぐらいいるそうです。

そんな才能にあふれた人間が100万人もいるはずないでしょ?

 

ですから、「自分には才能がないな」と感じてはいけません。

 

あれもこれもやろうとするから失敗します。

信頼される先生。

学級経営がうまくいってる先生。

何が違うかと言えば、力のかけどころが違います。

 

『80:20の法則』は、つまり大切な20%にフォーカスしなさいよ、ってことなのです。

5つのうち1つやれば80%がうまくいくんです。

力の入れどころを間違えなければいいんです。

 

教室をハッピーにするために必要な20%の仕事

じゃあ、素敵な学級をつくるための「20%の仕事」って何なのか。

ここが、大事ですよね。

 

ズバリ書きます。

子どもたちに愛され、保護者に応援されるための仕事です。

 

管理職になんか評価されなくたっていいから。

「学級ががうまくいかない」

そう思うなら、まず「子どもたちに愛され、保護者に応援されるための仕事」以外は全部後回しにしていい。

 

思いっきり手を抜いても大丈夫だから。

僕はどうせだれも読まないような資料は、全力投球で手を抜きます。

がんばっても仕方がないことはがんばらない!

 

そのかわり、「子どもたちに愛され、保護者に応援されるための仕事」にすべてを注ぐ。

やってみるとわかります。

 

「子どもたちに愛され、保護者に応援されるための仕事」って僕らにとってデザートみたいな仕事です。

学校の先生を志すような人にとって、たまらなく楽しい仕事ばかりのはずです。

それを僕は志事と呼んでいます。

 

そんなワクワクする仕事に全力を尽くす。

それ以外は軽く叱られるレベルまでクオリティを落とす。

どうせ身体は一つなんだから。

 

するとね、まず学級がガラリと変わるんです。

で、どんどん余裕が出てきます。

そしたら、それ以外の仕事にもエネルギーを注ぐ余裕が生まれます。

だからね、まず教室なんです。

教室をハッピーにするんです。

 

だって、教室があなたのプラットフォームだから。

すべてのエネルギーの源だから。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

  「子どもたちに愛され、保護者に応援されるための仕事」にすべてを注ぐ。