子育てに迷ったら

思春期 子育て

正解がないことに悩むと苦しい

子育てって本当に難しい。

だって、
正解がないのですから。

正解がないものに悩むのは
苦しいことです。

だって、
正解がないのですから。

 

『えじそんママ』こと、
岩室智子さんが
いつもおっしゃられることがあります。

100人いれば100通り
1000人いれば1000通り
の子育てがある。

僕はこの言葉が
大好きです。

これってつまりは、
たくさんの正解がある
と言ってもいい。

 

家庭を支えているのはお母さんなの♪

どうしてもね、
うまくいかないな
って感じるときもあるんです。

悩まれてるお母さんは多いですね。

そんなご相談のメールをいただくと、
本当に胸が痛くなります。

 

決して、
自分を責めないでください。

 

それはね、
子どもの実態と子育てのミスマッチ。

うまくフィットしなかったというだけの話。

良いとか、
悪いとかではないのです。

 

だけど、
お母さんは自分を責めてしまうのですね。

お母さんは悩んでしまうのですね。

 

いろんな家庭を見てきました。

だからわかるのだけど、
生きることに手を抜いてる家庭はありません。

みんな、
精一杯『今』を生きている

中には、
子育てにエネルギーを
かけられないぐらい
忙しい方もいらっしゃる。

でもね、
みんな自分のできる範囲で、
できるペースで、
精一杯我が子と向き合っている。

 

お母さんは特にね、
みんなそう。

家庭を支えているのは
お母さんだなって、
つくづく思う。

 

やり方を変えるのも勇気

何度も書くけど、
子育てって難しいですね。

こんなこと、
ず〜っとブログに
書いている僕だけど、

 

やっぱり
我が子のこととなると、
迷ったり悩んだりの連続です。

 

それで僕は、
保護者とお会いするたびに、
そのご家族が子育てで
大切にされていること
教わろうとしています。

 

そうすると、やっぱり

100人いれば100通り
1000人いれば1000通り
の子育てがあるんだなって、
つくづく思うんですよね。

 

うまくいっていないように
見えるのはね、

お母さんのやり方が
悪いわけじゃないの。

ただ、
その子にそのやり方が
合わなかったというだけ

だからね、
他に999通りもあるんだよ。

 

教育にも子育てにも、
ハッキリ言えること。

それはね、
どんな子にも効果的な
万能な方法なんてない
ってことね。

 

目の前にいるこの子に
フィットしているかはさ、
感性の問題。

この子が悪いんじゃないんだよ。

もちろん、
お母さんが悪いんじゃないんだよ。

 

ちょっとだけ
アプローチを変えてみる

それぞれに個性があり、
感じ方があり、
認識の仕方があるのだから。

ちょっとやり方を変えてみたら、
フィットすることはいっぱいあるの。

 

僕も子どもたちを指導しながら、
違和感を感じたら、
まず「自分を変えてみる」んです。

相手を変えようとするのは、
エネルギーの無駄遣い。

いつだって変えられるのは自分だけだから。

 

 

ハッピーな子どもを育てる大人になるためのしつもん

  子どもにフィットしているかを知るためにできることは何だろう?

 

(「いいね」を押していただき「しつもん」の答えと一緒にシェアしていただけたら幸いです。)