イライラしながら伝えると…

思春期 親子関係

叱ってる?怒ってる?

子どもたちは叱られたとき、「怒られた」と表現します。

僕は最初、子どもたちの語彙が不足していると感じました。

 

全然怒ってなんかいないのにな。

でも、子どもたちは「怒られた」と表現します。

 

それはなぜでしょうか。

 

 

ある日のこと、他の先生が廊下で生徒を呼んで叱っています。

いや、怒っています。

子どもはシュンとしています。

 

あとで、その先生に尋ねました。

「ねえねえ、何を怒ってたの?」

「いや、怒ってはいないんですけどね。注意してただけです。でも、なかなか理解しなくて。イライラしますよね」

 

その言葉を聞いて、合点がいきました。

大人は注意しているつもりでも、子どもには怒りだけが表現されてしまう。

言葉より先に届くものがあるのですね。

それは感情です。

 

「イライラ」という感情だけが届く。

だから、「怒られた」と子どもたちは表現します。

 

 

子どもの方が大人だぜ!

試しに、子どもに尋ねました。

「ねえねえ、何を叱られてたの?」

 

「えっ!よくわからないけど。先生、怒ってました」

 

全然、伝わってないじゃん!

 

相手が理解してくれないとイライラする。

そのイライラだけが届く。

なんか怒ってたな〜で終わってしまう。

 

思春期になるとね、「親に怒られた〜」って素直に話をしてくる子も多いんですよね。

「なんで、怒られた?」

「うーん…、最近仕事も忙しいし、イライラしてたんだと思う」

「そうか…。大変だな…」

 

思春期ともなると、子どもたちは敏感に感じ取ることができるんです。

感情は先に届いてしまうのです。

 

子どもたちの方がね、親の気持ちを先回りして、気を遣っている。

そんなことは、よくあるんですね。

思春期の子どもたちって、大人ですよ。

 

怒っている人の話を聞くのは苦痛です

そして、怒ってる人の話を聞くことほど苦痛なことはありません。

 

では、子どもたちはどのようにして防衛するか。

 

わかったフリをします。

反省した態度を見せます。

なぜって、早く終わってほしいんだもん。

 

嘘をつく子もいますね。

なぜ、嘘をつくのか。

だれが嘘をつかせているのか。

考えてみると、いいかもしれませんね。

 

すべては、怒っている人の話をさっさと終わらせる手段かもしれません。

 

だからね、子どもの言葉にちゃんと耳を傾けるんですね。

 

「先生、怒ってたよ」

「お母さん、怒ってたよ」

 

それはもうね、完全に怒りしか伝わってませんから。

 

ハッピーな子どもを育てる大人になるためのしつもん

どんな感情で子どもたちに声をかけますか?

 

(「いいね」を押していただき「しつもん」の答えと一緒にシェアしていただけたら幸いです。)