我が子に感謝を伝えてみるの♪

東大 天才 子育て

ついつい叱ってしまったよ♪

世間体を気にして叱っちゃった。

わかってくれなくてイライラしてに叱っちゃった。

いい親でありたくて叱っちゃった。

 

ついつい叱ってしまいます。

叱らない子育て…、僕には無理だな。

 

子育てって、親が親として育てられる場だと思う。

子どもを育てているつもりが、子どもに育てられている。

イライラを感じたときが、学びのチャンスだなって思う。

 

「あ〜叱っちゃったなぁ〜」って。

そのたびに立ち止まる。

 

「なんで叱ってしまったんだろう?」

そのたびに僕は問いかける。

 

それでいいんだよ。

みんな迷ってる。

みんな悩んでる。

 

だから、毎日いろんなご相談をいただくの。

お答えするのは、いつも同じ。

 

「自分はどう在りたいですか?」

「そのために何ができますか?」

 

これだけなんだ。

 

この子はこの子でいいんだよ♪

本屋さんで売れている本を見てモヤモヤしたんです。

 

子どもをグングン伸ばす方法。

東大に入れる方法。

天才を育てる方法。

 

こういうの、売れてるんだね。

 

教え子に東大に行った子がいる。

やっぱり、バツグンに賢かった。

これでもかってぐらいの難易度でテストを作っても、満点を取ってくる。

そのうえ、努力している感がないの。

サラリと満点を取っちゃう感じ。

 

だからね、思うの。

学力ってのと、子育てってのは切り離していいんじゃないかなって。

 

子育ての問題ではないと思うなぁ。

こんな子育てをしたら、天才になる!

そんなものがあるのなら、なんだか「普通の子」はさ、育て方が悪かったみたいじゃない?

 

いやいやいやいや!

そんなこと、ないと思うなぁ。

 

いつも思うの。

そのままでいいじゃない?

今のままではダメですか?

 

天才じゃなくたっていいよ。

東大に行かなくたっていいよ。

 

この子はこの子であるだけで素晴らしい。

いや、もうね、生きててくれるだけでありがとうだよ。

 

明日、たとえばこの子が亡くなったら、この家の中はハッピーですか?

幸せって、いつだって失って初めて気がつくんだもの。

 

生まれてきてくれてありがとう。

生きててくれてありがとう。

 

そのぐらいでちょうどいいんだよ。

 

この子はこの子。

他の子にはなれないんだよ。

そうやって受け止められたら、もっと楽になるのにな。

 

ハッピーな子どもを育てる大人になるためのしつもん

この子に感謝を伝えるとしたら、どんな言葉で届けますか?

 

(「いいね」を押していただき「しつもん」の答えと一緒にシェアしていただけたら幸いです。)