リクエストを伝えたら手放す

子ども リクエスト 悩み

「自分で考えなさい」は残酷

「もう◯歳でしょ?

 なんでも聞くんじゃないの!

 自分で考えなさい」

 

あ〜、言ってしまったなぁ。

 

それなのに。

 

それなのに。

 

子どもが紡ぎ出した答えを聞いて、また声を張り上げる。

 

「そうじゃないでしょ?なんでわからないの」

 

 

「自分で考えなさい」と言いながら

「そうじゃない」と言う。

 

ホントはね、こうしてほしいって思いがあったんだよね。

ホントはね、その答えを出してほしかったんだよね。

 

その答えを求めていたのは、だれだろう?

 

そう!

自分だよ。

 

ちゃんとリクエストしよう 

だからね、ちゃんとリクエストすればいい。

自分が求めているものを言葉にすればいい。

 

「あーしなさい」

「こーしなさい」

と言うのではなく。

 

「自分で考えなさい」

と言うのではなく。

 

 

「私はこれをしてもらいたい」

 

ちゃんとリクエストすればいいの。

 

でも、覚えておきたい。

 

そのリクエスト。

選ぶのも選ばないのも子どもの選択。

 

「自分で考えなさい」はね、放任だと思う。

子どものありのままを受け入れるってのはね、ちゃんとリクエストを伝えた後で、子どもの選択を受け入れるってこと。

 

 

リクエストを伝えるのって、勇気がいるんです。

「自分で考えなさい」って、すごく楽なの。

 

 

それでね、

 

意図していない答えが出たとき「そうじゃないでしょ?」って言うのは、すごく楽なの。

 

自分はどうしたいんだろう?

そのニーズを満たすために何ができるだろう?

 

そう問いかけたら、リクエストが生まれます。

そしたらね、ちゃんとリクエストを伝えること。

勇気を出してリクエストを伝えること。

 

そしたら、信じて手放すの。

あとは子どもの選択だから。

 

子どもに寄り添う魔法の質問

あなたがリクエストしたいことは何ですか?