いつまで「昭和」の指導してんの?

生徒指導 服装指導

不易なもの。

それは、どれだけは時代が変わっても大切にしたい本質的な部分。

 

 

一方、流行。

それは時代の変化や流れに合わせて変わっていく部分。

 

 

教育ってのは、その両方のバランスが大切なわけ。

…って大学生のときに習ったの。

 

 

ところがさ、実際「学校の先生」なんてものになってみたら、「不易」ってのを勘違いしている先生が多かったのね。

未だに「昭和」のご指導を熱心にされていらっしゃる方がいる。

 

 

「髪ゴムの色は紺はいいけど青はダメ」とか。

「靴下の柄はワンポイントまでで何㎝以内」とか。

 

 

いつまで経っても「昭和」のまま。

自分が子どものころから変わってないんだよね。

先生って生き物は。

 

 

それで僕は問いかける。

 

「それって本当に大切かい?」

 

そうやって尋ねたら、こんな答えが返ってきた。

 

 

「そういう細かいことを手を抜くと、学校が荒れるんだよ」

 

 

(バカじゃないの?)

と思ったけれど、言葉には出さない。

大人だから♡

 

 

髪ゴムの色なんて青だろうが赤だろうが、学校なんて荒れないよ。

学校が荒れるとしたら、そりゃ子どもの心が離れたときさ。

 

 

じゃあ、どういうときに子どもの心が離れるか、知ってるかい?

そういうバカな大人と出会ったときさ。

 

 

何を大切にするか。

その本質を見誤ったら、学校が終わったコンテンツになっちゃうよ。

 

 

ハッピーな先生になるためのしつもん

本当に子どもたちに届けたいものはなんだろう?