もっと優しくなりたいあなたへ

子供 ぶつかる 学校

若いころ、保護者を見て「親なんだから、ちゃんと教育しなよ」と思った。

親になって思うのは、「親をやるって大変だな」ということ。

そんな、簡単ではありませんでした。

親になって初めてわかる親心がありました。

 

 

子供のころ、先生たちを見て「先生、もうちょっとちゃんとしてくれない?」と思いました。

その気持ちは今も変わらないのだけれど。

先生になって思うのは、「先生やるのも簡単ではないな」ということ。

多忙な毎日は、時に自分を見失うこともあります。

 

 

去年のクリスマス。

予約したピザが焼けてなくてピザ屋さんに批判が殺到するニュースがありました。

大学生のころ、ピザ屋で配達のバイトをしていた僕は、クリスマスの日のピザ屋の地獄絵図を4年間、目の当たりにしてきました。

 

 

だから、あの事件でバイトの子たちを責めてる人たちを見ると、気持ちはわかるんだけど、なんだか居たたまれない気持ちになるわけです。

 

そういえば、東海豪雨の日もひっきりなしに注文が入っていました。

冠水して道路も走れないのでオーダーストップ。

僕はオーダーを受け取る電話の前で謝罪し続けたんです。

「配達できない」と伝えるたびに、電話口から不愉快な言葉を浴びせられましたっけ。

 

 

相手に優しくなれるのは、相手のことを知っているから。

相手のことを理解しようとするから。

 

嫌いな相手のことを僕らは深く知ろうとはしない。

知りたいとも思わない。

だから、優しくなんてできないわけで。

 

 

今、世界に足りないのは『理解』だと思う。

「理解してもらいたい」という人は多いけれど、「理解しよう」とする人は少ない。

 

「わかり合う」のスタートは、まず相手を知ろうとすること。

親も子供も先生も、互いに相手を知ろうとすることがスタートラインなんだと思うの。

 

「あの子はそういう子です」

「私は、この子のことは何でもわかっています!」

「あの親は、こんな親です!」

 

そんな言葉を聞くたびに思う。

他人のことは、わからぬことの方が圧倒的に多いのだ。

だから、わかったつもりになっちゃいけないよ。

わかっていないことを自覚すれば、わかろうとできる。

わかろうとするから、優しくなれる。

 

変えられるのは自分だけなのです。

 

子育てに迷ったときに出逢いたい100の言葉

相手を理解しようとするだけで優しくなれますから。