その存在こそが、神ってるんだぜ♪

天才の育て方

Because you are you.

あるところに、とても貧しい暮らしをしている子どもがいました。

彼は、貧しい人々を収容する救済施設で過ごしていました。

 

 

そこでは、大人と子どもは別々に収容されます。

彼は母親と離ればなれで暮らしていました。

 

 

ある年のこと、彼は非常に伝染力の強い病に冒されます。

隔離病棟に移され、髪を丸坊主にされると、頭皮に薬を塗られました。

その姿は無残で、幼い心をより惨めにさせました。

 

 

隔離病棟での日々は大変孤独なものでした。

そこへ母親が面会に現れました。

彼女は微笑みながら近づくと、彼を抱きしめ、こうささやいたのだそうです。

 

 

「どんなに汚くてもいいの。

 どんなあなたでもいいの」

 

 

強い伝染病にかかっている我が子を、彼女はためらいもなく抱きしめました。

この出来事を、彼は生涯忘れることがなかったのだそうです。

 

 

I love you,because you are you.

(愛している。なぜなら、あなたがあなただから)

 

 

無償の愛を注いでくれる人がいる。

たった一人でいい。

そんな人がいてくれるだけで、人は強くなれるのです。

 

ただ愛するということの尊さ

もともと舞台芸人であった母親。

身体を壊し、舞台に立てなくなってからも、子どもたちのリクエストに応えて、自分の芸を子どもたちにだけは見せてあげました。

 

 

亭主と別れた彼女は、たった一人で身を粉にして働き、彼をを養いました。

どんなに貧しくとも、彼女はイライラしたりなどせず、彼に微笑み続けました。

あたたかく声をかけ続けました。

いつもいつも母親は彼の味方でした。

 

 

やがて、彼は喜劇王として名を馳せることになります。

そう。

彼の名はチャップリンです。

 

 

その存在こそが素晴らしい

この話は多くの示唆に富んでいます。

「無償の愛」人を強くするということ。

これは一番お伝えしたいことでした。

 

 

しかしながら、僕が今ひとつお伝えしたいことがあります。

 

 

大阪府が次のような調査を行ったのだそうです。

対象は府内30市町村の小学5年生の児童と中学2年生の生徒。

8000世帯を対象にしたアンケート結果をもとに、経済環境と学習状況の関係などを調査したんだそうです。

その結果、経済的に最も困窮している家庭では、学校の授業以外の勉強時間が30分未満という割合が3割を超えました。

また、「子供の学習意欲が低い」という結果も出たのだそうです。

 

 

この手のお話って、よく耳にします。

でもね、家庭環境が苦しくたって、一生懸命がんばっている子はいます。

逆に、裕福で、遊んでばかりで意欲というか、覇気のない子もいます。

すぐに統計で語りたがる。

一括りにして考えるのって、浅はかだなって思う。

 

 

100人いたら100通り。

1000人いたら1000通りあるの。

 

 

貧しい家庭の子はダメみたいな見方をしないです。

いやいや。そんなことはないですから。

 

 

やる子はやるし、やらん子はやらん。

数を勘定したら、割合的には多いのもしれないけどさ。

決めつけるなっての。

 

 

存在を認めてくれる人の存在

 

ただね。

やっぱり、どうしても忙しいと、子どもにかける時間が短くなります。

そういうご家庭もいっぱいあるよ。

 

 

お母さん、夜遅くまでお仕事でね。

懇談会もなかなかできないご家庭とか、あるよ。

どうしたって、子どものことまで手が回らないなんて家庭、いっぱいあるさ。

 

 

公立学校の先生なら、そういう実態、だれだって知ってる。

こんな家庭があったぞ!なんて話をさせたら、もう話題に事欠かないよね。

 

 

でもさ、じゃあ、そういう家庭の子が意欲が低いかって言ったら、全然そんなことね〜ぞ!って言いたい。

要はこちらの関わり方でしょ。

心に火をつけられるかどうかってことなのね。

 

 

I love you,because you are you.

(愛している。なぜなら、あなたがあなただから)

 

 

母親じゃなくたっていい。

だれだって、いいんだよ。

「お前はお前でいいんだぜ」って伝えてあげられたら、子どもは強くなれるんだから。

 

 

この子はこの子であるだけで素晴らしい。

つまりは、そういうことなのです。

 

 

子どもとつながる問いかけの魔法

その存在を認めることが、この子の心に明かりをともす。