危うくモンスターペアレンツになるところだったな♪

モンスターペアレンツになるところだった

すげーな!管理教育。

三河地方は、管理教育のメッカなんて呼ばれております。

入学式から数日。

さっそく、子どもが言うのです。

 

「この髪型はダメだって注意受けた」って。

どうも、前髪が眉毛にかかっているらしいのですね。

 

手で押さえると、たしかに1センチほど眉毛にかかります。

なるほど…。

なるほどなぁ…。

 

 

ここは昭和か?

 

 

これまで長年、生徒指導に関わってきました。

僕ならば、このレベルで、わざわざ指導はしません。

 

 

なぜか。

 

 

キリがないからです。

髪の毛って、自然と伸びるじゃないですか?

だから、これで指導してると、キリがないんです。

 

 

まあ、それに中学校だと、これからいろんなグレーゾーンな髪型が登場しますからね。

厳密にやっちゃうと、あとで首を絞めることになるわけです。

 

 

で、その話を聞いて、私はどんな気持ちになったでしょうか。

正直申し上げますね。

 

 

 

 

ふざけんなよ!

 

 

と思いました。

 

 

まあ、最初にやってきたのは怒りですね。

電話の一本もかけてやろうかと思いました。

 

追い込みますよ。

散々、追い込まれてきましたからね。

追い込むのは得意ですからね。

 

質問攻めにして、教育的意義を尋ね、法律を持ち出して、追い込むことなど容易いのです。

 

でもね、次の瞬間、言葉が湧いてきたのです。

 

「それはエゴだよ」

 

 

僕が気にいらないから、僕がクレームをつける。

それが自分のやりたいことをするということなのでしょうか?

違いますね。

 

それは、ただの自己満足です。

エゴから始まる行動は、だれも満たさないのです。

 

 

 

この子の人生を本当の意味で信じるのです

選ぶのはこの子であって僕ではないのです。

この子の人生は、この子のものだから。

 

 

「髪型を直したい」と言えば、直してあげればいい。

「直したくない」と言えば、直さなくていい。

「こんな学校に行きたくない」と言えば、行かなくたっていい。

 

 

選ぶのは、この子なのです。

 

 

僕らにできるのは、この子を応援することでしかない。

精一杯守ってあげればいい。

学校が理不尽な行動を取ったならば、そのときに動けばいいのです。

 

 

そもそも、叱られたわけでもない。

声をかけられたのか、それとも雑談の中での話なのかもわからない。

 

 

うん!

危うく、感情に振り回されてしまうところでした。

僕の中の「そんなのおかしい!」っていうジャッジのセンサー反応したのです。

まだまだ、心の修行が足りませんね。

 

 

 

危うく本物のモンスターペアレンツになるところでした。

この子の課題を、僕の問題に置き換えてはいたわけです。

 

 

これはもう、あらゆることに言えること。

だれかの目の前に用意された課題。

それはね、その人のために用意された課題なんです。

 

 

あたかも人は、それを自分に課せられた問題のように捉えてしまう。

まして、親ともなればなおさら。

ついつい感情で反応してしまう。

 

 

でもね、この子はこの子で、あなたはあなた。

この子の人生はこの子の人生で、あなたの人生はあなたの人生。

 

 

そのことを信じられるか。

この子を信じられるか。

問われているのは「在り方」なのです。

 

 

子育てに迷ったときに出逢いたい100の言葉

「そんなのおかしい!」と感じたときこそ深呼吸♪