不登校という問題は、だれの中で起こっている問題か。

問題を問題と感じているのはだれか

不登校は何が問題か

 

そもそも世の中で起きている問題は、「問題だ」と思っている人間の中でしか起きていない。

 

「アイツって、問題だよね」って言ってるヤツの中では、「アイツ」は問題なのだけど、「アイツ」の中では問題じゃないんだよね。

これ、伝わりますでしょうか?

 

 

で、本題ね。

「不登校」って、何が問題なのかというと、

だれにとっての問題か、ということなわけ。

 

 

あのね、

「問題」は「問題」だと思っている人の中で起きてるんだよね。

 

 

つまりさ、

「学校に行かなければならない」と考えている大人にとっては問題なわけ。

わかります?

 

 

「学校?

 行きたければ行けばいいし、

 行きたくなければ行かなければいい」

 

 

そう思っている大人にとっては、「学校に行かない」のは問題ではないわけね。

 

 

「こうでなければならない」に縛られない

 

僕は来週から娘と旅立ちます。

学校?

行きません。

 

 

旅行より学校の方がおもしろければ、、子どもは学校に行くことを選んだと思います。

ただ、それだけです。

「学校休んで旅行に行く」と決めたのは、この子です。

 

 

僕にできるのは、この子の選択を応援するだけ。

学校を休むことを問題だと思っていない僕は、学校を休んでも問題ではないことです。

 

 

ニーズのぶつかり

 

服、着ます?

着ますよね?

全裸だと問題ですよね。

 

 

「衣服を着るべき」だから、全裸は問題です。

でも、もしもあなたが裸族の世界に入り込んだら、服を着ていることは大問題です。

 

 

伝わります?

 

 

不登校の問題がどこで起きているかというと、「学校に行かなければならない」と考えている大人の中で起こっているわけです。

んじゃ、「学校に行かない選択」をしている子どもにとっては、何が問題でしょうか。

 

 

それは、「学校に行きなさい」と言う大人の存在です。

その存在が問題です。

 

 

だから、子どもと大人はぶつかります。

家庭内暴力だとか引きこもりだとか家出だとか起こります。

 

 

だれから逃避してるんだろうね?

って話なわけです。

伝わりますかね?

 

 

自分は「行かない」と選択している以上、それをコントロールしようとする「大人」の存在自体が問題になってきます。

 

子どもは「行かない」がニーズであり、「行かない」ことによってそのニーズは満たされます。

一方、大人は「行かせたい」

ですから、子どもとぶつかります。

したがって、不登校が問題に見えてきます。

 

 

というわけで、不登校の問題がどこで起きているか。

「不登校が問題だ〜っ!」と言っている大人の中です。

 

 

原因を子どもに求めると楽なんだよね

 

専門家気取りの人たちがですね、

「子どもの自尊心がどうのこうの」とか、

「この子は自信がないからだ」とか、

ごちゃごちゃごちゃごちゃ、

さも知ったように言います。

 

 

あたかも、子どもに原因があるように言います。

いや、違うぞ、と。

 

 

問題は起きていないんだよ。

ただ、選択しただけなんです。

 

 

伝わるかな?

問題は子どもの中に起きてね〜ぞ!と。

 

 

みんながみんな学校好きなわけね〜じゃん?

子どもはみんな、ハンバーグが好きだと思ってねぇか?

 

 

行きたくないもんは行きたくないんだよ。

行きたくない場所にいやいや行くことって大事なのかな…。

 

 

そうやって、子どもとのつながりを途切れさせることが大事なのかね。

 

 

そういえば、ウチの子たちは上海日本人学校時代、立派に2学期までに30日欠席したんだよね。

日本なら、ちゃんと不登校でカウントされる。

いや〜、担任の先生に心配された。

 

「お子さん、どうされてますか?」

 

「あ〜っ、大丈夫っすよ。行きたくないだけなんで」

 

そう。

ただ、行きたくないだけ。

別に問題じゃないんだよね。

 

 

子育てに迷ったときに出会いたい100の言葉

その問題を問題と感じているのはだれですか?