チャイム着席をさせる仕組み

チャイム着席の指導を手放す仕組み

チャイム着席を守らせるという戦い


チャイムが鳴るまでに座席に座ることを「チャイム着席」と呼びます。
ところで、「チャイム着席」って、全国共通ですか?

僕は、若いころ「チャイム着席」を守らせることに、苦労していました。


チャイムが鳴るたびに、
「◯◯くんがいません」
と報告がある。


廊下にいる先生に声をかける
ダラダラ遅れてくる生徒を叱る

 

それが毎時間
本当に無毛な戦いでした。

 

この不毛な戦いに終止符を打った『仕組み』をお伝えします。

 

 

チャイムで始まる小テスト

 

チャイム着席との戦いに終止符を打った仕組み、それは「小テスト」。


僕は国語の先生ですから、漢字を5問出題します
前時の小テストの下部に「次回出題する漢字」として5つの漢字を知らせておきます。
子どもたちはその5つの漢字を覚えてくるだけでいい

 

ただし、
満点でなければ0点。

 

つまり、
満点0点か、しかないテスト。

 

なぜだと思いますか?
採点が早いからです。

 

ざっと見て、間違いがなければ大きく◯。

間違いがあれば、その文字の横に赤線を引く。

あっという間に採点が終わります。

 

そして、満点を10回中、8回以上取ればA評価。
10回中6回以上取ればB評価としました。

 

もちろん、子どもたちもそれを知っています。

 

たった5つですから、だれでも覚えられます。

 

そして、ここからが大事。

このテストはチャイムで配布し、30秒後に回収されます

 

僕はこのやり方をスタートしてから、
チャイム着席の指導を一切する必要がなくなりました。

 

一切というと語弊がありますね。
授業を受ける意思のある生徒は、ちゃんとチャイムが鳴るときには座っているようになりました。

むしろ、授業の前には席に座って、勉強を始めるようになりました。

 

テストの内容は、どうでもいいのです。
ちょっとの努力で、だれでも満点が取れるテストにしてください。

 

国語に限らず、社会でも算数・数学でも理科でも英語でもだれでも満点が取れるテスト。

せっかく満点が取れるテストなのに、チャイムから30秒間しか参加できないんです。

 

大切なことは『仕組み』です。
チャイムが鳴ったときに座っていなければならない『仕組み』を作れば、
叱る時間を手放すことができます

 

 

ハッピーな先生になるためのしつもん

 時間とエネルギーの浪費を減らすために、どんな仕組みをつくりますか?