子どもを伸ばすのはフォーカスの違い

どこにフォーカスするか

『CREATE  A LIFE』というイベントを東京で開催した。

そのときに、スピーカーの寒川井誠さんこと「まこっち」が言った一言が心に刺さった。

なので、まこっちの言葉をさも、自分の言葉のようにパクらせてもらおうと思う。

 

 

いいですか?

みなさん。

 

 

好きじゃないものを得意にするほど人生は長くないんです!

 

 

マジで。

俺はそう思う。(まこっちの言葉だけど)

 

 

僕らは自分の弱点にフォーカスしがち。

ついつい人と比べてしまうから。

 

 

他人より劣る部分、足りない部分にフォーカスしちゃうんです。

で、(もっとがんばらなきゃ〜、がんばらなきゃ〜)って思っちゃうわけ。

 

 

でもね、

好きじゃないものを得意にするほど人生は長くないんです!

 

 

いや〜、いい言葉だな。

俺、いいこと言うなぁ。

 

 

うまくいってることは何だろう?

好きで得意なことは何だろう?

 

 

うまくいかないことはすぐに見つかるけれど、

うまくいってることは探さないと見つからない。

 

 

子どもも同じだよ。

 

 

「あれがダメ」

「これがダメ」

って言い続けたら、

子どもは伸びないよ。

 

 

 

子どもを伸ばしたかったらさ、

まずうまくいってるところに目を向けるんだ。

 

 

そして、それをどんどん伸ばす。

それに付随して、他の力も引き上げられて行くんだよね。

 

 

んでだよ。

引き上げられない能力もあるんだな。

 

 

それが不得意なことね。

そこは受け入れちゃう方がいいよね。

抗わない!(笑)

 

 

仕方なくね?

 

そんぐらいでちょうどいいの。

 

 

すげ〜勉強が苦手な子がいるじゃない?

無理やり学習塾に入れちゃうの。

 

もっと勉強が嫌いになっちゃう。

まあ…点数も正直それなりなわけで。

 

 

教室でも同じなんだよね。

その子のうまくいってることを見つけて、

それを応援してあげるんだな。

 

 

「お前のそこ、最高だな!」って。

そういう在り方が一番子どもを伸ばすんだよね。

 

 

 

しかもだ!

 

しかもだよ!

 

 

大人も楽なんだ。(笑)

できない部分にフォーカスすると、疲れるんだよね。

 

 

そんなわけで、

子どもたちのうまくいってることを伸ばすのがいいよ。

 

 

子育てに迷ったときに出逢いたい100の言葉

どこにフォーカスするかで、子どもって変わるんです。