夫婦でおしゃべりしてますか〜?

対話の時間にはどんなものがありますか?

僕は男性性の塊です。

妻は女性性の塊です。

 

 

夫婦で陰陽のバランスを取っているわけで。

まあ、パートナーシップはうまく行ってる方だと思います。

 

 

とはいえ、結婚して十数年。

常にうまく行っていたわけではありません。

 

 

心がすれ違うこともありました。

こうして、血の繋がりのない、赤の他人同士。

しかも、異性です。

育ってきた環境も、DNAも違います。

 

 

そりゃね、うまくいかないことだってありますよ。

あって、当たり前です。

 

 

紆余曲折。

人生はまさにワインディングロード。

雨の日も、晴れの日も、嵐の夜も乗り越えて。

今日という日があるのですね。

 

 

対話に対話を重ねて、わかりあうことを繰り返してきました。

 

 

でもね、大切なことがあります。

こうして、日夜ずっと一緒にいるでしょ?

それでもね、意識して「対話の時間」を作らないと、なかなか夫婦での対話ってできないんですね。

 

 

まして、どちらかが働きに出ているご家庭であれば、なおのこと。

意識して対話する時間を作る必要があるわけです。

 

 

ところが、この「対話の時間」を創造するのって、なかなか難しくて。

ウチの夫婦の場合は、車の中は対話の時間です。

でも、子どもがいると、なかなか夫婦水入らずになれませんね。

 

 

あとは、新幹線や飛行機の中。

子供が寝静まったあとなら、対話の時間も作れますが、案外どちらかが子どもと一緒に寝てしまうことも多い。

 

 

「子はかすがい」なんて申しまして、夫婦の間の緩衝材になってくれることも多いわけです。

「かすがい」とは、コの字型をした金具で、木材と木材を留めるもの。

 

 

でも、本来は「かすがい」などなくとも、夫婦はガッチリ「木組み」で固定されているのが望ましい。

時折やってくる夫婦の地震を、しなやかに耐え凌ぐ。

そんなパートナーシップが望ましいですよね。

 

 

だからこそ、対話の時間をゆっくり取ることが大切です。

たまには子どもを預けて、旅行に行ってみる。

ランチに行くだけだって素敵です。

 

 

結婚をし、子どもが生まれ、やがて対話は少なくなる。

互いに「相手はわかってくれている」という誤解の元で月日を重ねて行く。

 

 

でも、思い出してほしい。

2人がまだ夫婦になる前。

2人はもっともっと対話を重ねてきた。

 

 

互いにわかりあい、互いに惹かれあい。

こうして、2人は家族になった。

 

 

パートナーシップの課題を乗り越えるのもまた、2人でしかないわけ。

どちらかではなく、2人の課題なの。

 

 

だから、必要なのは対話だよ。

そんな時間を創造してみよう。

 

 

ハッピーなパートナーシップを育むためのしつもん

「対話の時間」には、どんなものがありますか?