ねえ、どうして結婚したの?

2人はどのように惹かれあったのですか?

パートナーシップはヤジロベー

僕は男性性の塊です。

妻は女性性の塊です。

 

…と書いたのだけれど。

よくよく調べてみたら、違うなぁ…と思いました。

そういうことはGoogle先生に聞くのが一番です。

 

 

どうやら、僕の中にも男性性と女性性が存在し、妻の中にも男性性と女性性が存在するようです。

そして、夫婦で足したら、ちょうどゼロになるように、絶妙にバランスを取り合っているわけです。

 

 

なるほど。

2人でバランスを取っている。

周囲の夫婦を見ても、その通りですね。

 

 

みんな絶妙のバランスを取り合っていて、だれかとだれかを取り替えても、うまくいかない。

そんな感じがします。

 

 

確かに、僕の周りには「人妻」がたくさんいます。

子育てや教育のことをやっている以上、「お母さん」しかいないわけですから仕方がありません。

 

 

で、いろんなお母さんに出会ってね、じゃあ僕の妻と入れ替えたら、うまくバランスが取れそうな方がいらっしゃるかと言うと、そういう方はいらっしゃらないわけです。

 

 

変な話ですけど。

そういう意味で、僕も妻もだいぶ振り切れていて。

でも、互いの振り切れ具合は、絶妙にバランスを取っているわけ。

 

 

これ、伝わります。

思うに夫婦とは、そんな絶妙のバランスで成り立っています。

 

 

ついでに言うと、どうやら人間は、DNA的には真逆の存在を選ぶそうなのです。

そのうえ、育ってきた環境も違います。

そもそも異性です。

 

 

そりゃね、違いますよ。

2人は異なる存在であることを理解した上で、深めあっていきたいよねって思う次第です。

 

 

スペックではなく存在を愛するということ

結婚適齢期の方の中には、「理想の男性」として、スペックを列挙される方が多くいます。

高学歴、高身長、高収入のように。

 

 

ところが、スペックでパートナーを選ぶと、これはもう大変。

「お金持ちと結婚したい」なんて言うとね、金の切れ目が縁の切れ目になっちゃう可能性が高い。

「大企業の人と結婚したい」なんて言うとね、リストラされたら「はい、さようなら」って感じになっちゃうでしょ。

 

 

僕、公務員を辞めたでしょ?

安定を手放したわけ。

 

 

でも、妻がよく言うの。

「私はあなたが公務員だから結婚したわけじゃない」って。

 

 

公務員ってのは、僕のスペック。

でも、好きになったのはそこじゃないよ、と。

 

 

僕の存在そのものが好きなのよ、と。

なんてできた女なんだ!

 

 

ちなみに、僕の父に「どこが好きなの?」と聞かれた妻は、こう答えた。

その伝説の答えがこちら…。

 

 

 

 

「くだらないところ!」

 

 

 

なんじゃそりゃ?って感じですが。

これから息子が結婚する相手に「お宅の息子さん、くだらないから結婚します」って言われるって…、なかなかファンキーです。

 

まあ、存在そのものに惹かれた…ということにしておきましょう。

そりゃね、食事中に突然全裸になり、「安心してください!履いてませんよ!」というギャグを披露。

おもしろいかどうかを子どもたちにチェックさせた挙句、娘から…

 

 

「お父さん、食事中は服を着て」

 

と注意される僕ですが。

 

 

何か?

 

 

問題でも?

 

 

スペックではなく、存在そのものに惹かれ合う。

そういうものだと思うのです。

 

 

出会った日の気持ちを忘れない

そういう僕も、妻と初めて会った日。

レストランで、開店から閉店までひたすら話し続ける妻と、それをひたすら聞き続ける僕。

 

 

(よくしゃべる女だな〜…)

 

と思いました。

 

 

 

 

でも、なんとなく

 

(この人と結婚するんだろうなぁ…)

 

好みだったとか、そういうのではないです。

相手のスペックなんて、何も知りません。

家庭環境も経済事情も性格もよくわからないころです。

 

 

でも、なんとなく直感で、そう感じたんですね。

開店から閉店までひたすら話し続ける女。

けっこう最悪です。

 

 

でもね、なんていうか、僕の細胞といいますか、DNAはですね、「あんた、この人と結婚するよ」と教えてくれたわけです。

 

 

細胞レベルで恋、してる?

 

 

素敵なパートナーシップを育むためのしつもん

2人はどのように惹かれあったのですか?