理想の結婚相手じゃないことに気づいたら…

理解するためにまず何から始めますか?

理想の男性でに出会える確率

あなたの理想の結婚相手はどんな人だっただろう?

 

 

背が高く、イケメンで。

優しくて、寛容で。

優良企業にお勤めで。

一人暮らしの経験があるから家事もお手の物。

非の打ちどころがない。

 

 

そんな相手を夢見ていたかもしれない。

 

 

元NASAのロボット研究家ランドール・マンローの試算によれば、そういう完璧な男性に出会える確率は1万回の生涯でたった一度なのだそうだ。

 

 

まず、覚えておく必要がある。

目の前にいるパートナーは、完璧な男性ではないという事実だ。

 

ってことは、あなただって完璧な女性ではないってことさ。

多くのことを求めちゃダメなんだね。

 

 

 

 

結婚の満足度

 

「恋愛結婚」と「お見合い結婚」についての興味深い研究がある。

 

 

コロンビア大学のシーナ・アイエンガー教授によれば、結婚後1年以内では、「恋愛結婚」の方が「お見合い結婚」よりも満足度が高い。

 

恋愛結婚…70点 > お見合い結婚…58点

 

 

ところが、結婚10年を超えると、その満足度は逆転する。

 

 

恋愛結婚…40点 < お見合い結婚…68点

 

 

このことは何を意味するだろうか。

 

「お見合い結婚」の場合、「赤の他人と暮らすのだから、うまくいかなくて当たり前」という前提がある。

そして、折に触れて努力をする。

 

 

一方で、「恋愛結婚」の場合、プロポーズした日がマックスだ(笑)

互いを「運命の人」と信じ、安心してしまう。

 

 

実は結婚は始まりなのだが、結婚をゴールにしてしまう。

すると、結婚生活を維持するための努力を忘れてしまうわけだ。

 

 

 

互いのことを僕らは知らない

 

ある研究によれば、夫婦であっても相手の20%しか知らないのだそうだ。

僕らは、相手のことを知らないという前提で考えていく必要があるだろう。

 

 

とりわけ、男性というのは女性の気持ちに無頓着である。

あたかも自分の所有物であるかのように扱ってしまう。

 

 

未だに「風呂・飯」しか言わず、上げ膳据膳の亭主関白の旦那様の話を耳にする。

そんな昭和の旦那様が、この平成の世にいることは驚きである。

 

 

だが、忘れてはならない。

やかんのお湯は、沸騰するまで温まっていることに気がつかない。

 

 

女性というのは溜め込みやすい生き物なのだ。

昔のことをいつまでも覚えているものだ。

 

 

ちなみに、男性は都合の悪いことをきっぱり忘れられる機能を持っている。(笑)

 

 

ある日突然沸騰することもある。

「排除」される可能性があることを忘れてはならない。

 

 

結婚生活は旅だ

 

結婚は旅である。

パートナーとの長い長い旅路である。

 

 

子どもはいずれ巣立つだろう。

あなたとパートナーとの生活は一生続くのだ。

気の遠くなるような長さだ。

 

 

だが、忘れないでほしい。

 

 

幾多の困難を乗り越えて、2人は夫婦になるのだ。

結婚はその始まりだということ。

 

 

ドラクエでいうと、レベル1なのだ。

武器はこん棒だし、アイテムは薬草だけだ。

 

 

2人の協力なくして、乗り越えることはできないのだよ。

つまり、僕らは理想の結婚相手ではない。

これから2人で、理想の夫婦に成長して行くんだよ。

 

 

だって僕らは不完全なんだから♡

 

 

ハッピーなパートナシップのためのしつもん

理解するためにまず何から始めますか?