好きな先生、嫌いな先生

目の前の子どもたちに何を届けたいですか?

指導ってさ、結局、どれだけ指導力があるかよりも、子どもの好き嫌いによるところの方が大きい。

ただ、子どもの好きな先生は、指導力がある方が多いから、あたかも指導力があると好かれると思いがちなんだけど。

 

 

新卒でポンとやってきて、好かれる先生もいるし、研究熱心なベテランで嫌われる先生もいるしね。

 

 

ある意味、人気商売なのさ。

 

 

でね、じゃあ優しければ好かれるかっていうと、そういうわけでもない。

優しくて好かれる先生と甘くて舐められる先生がいるよね。

 

 

逆に厳しくて嫌われる先生と厳しくても好かれる先生もいたなぁ。

 

 

ついでにいうと、僕は厳しい先生も優しい先生も、両方ともやったことがあるのね。

で、僕のことを好きになる生徒もいたし、嫌いになる生徒もいたわけ。

 

 

「くればやし先生は良い先生」という保護者もいたし、「あの先生は全然ダメ」ったいう保護者もいた。

 

 

それでいいんだよ。

万人ウケするような人間なんて、むしろ胡散臭いよね。

 

 

ってなことを考えると、みんなに好かれようとするのはうまくいかないね。

「オレのことを嫌いな子どももいてOK!」ぐらいの気持ちでいたい。

 

 

そのうえで、過半数から3分の2ぐらいに信任は得たいよね。

 

 

ってなるとさ、一番大事なのは、ブレない自分だよ。

軸があると子どもの声、保護者の声に耳を傾けられるんだよね。

 

 

意固地になるのは、軸がないからさ。

ちょっと押されたらブレるから頑なになる。

すると、子どもたちからも保護者からも信頼されない。

 

 

自分の中に軸があるとさ、「そういう意見もあるのな」って受け入れたあとで、「じゃあここまでは譲るけど、ここからはマジ無理!」ってラインがはっきりするのよ。

 

 

優しくても軸がある。

厳しくても軸がある。

 

 

そういう先生は信頼されてたなぁ。

受け止め上手な人ね。

軸があると受け止められるのよ。

 

 

 

 

「いや、学校のルールがどうとか、あんまり興味ないだけど、オレ、こいつらが笑顔ならそれでいいっすよ」

 

 

そこブレないから(笑)

そんな感じね。

他の人の評価とか二の次、三の次。

子供のハッピーにしかフォーカスしない。

 

 

そこまっすぐブレなかったなぁと今さらながら思うわけ。

 

そうそう。

ある不登校の子の母ちゃんに言われたなぁ。

 

「先生、無理矢理でも引きづって学校に連れて行ってください」って。

 

「いや、無理だね。この子、それを望んでないでしょ?」

 

「この子の気持ちなんてどうだっていいんです。保護者が望んでいることをすべきでしょ?」

 

 

若かったよね、全然母ちゃんに寄り添えてなかった。

でも、その頃からブレはなかったな。

「はぁ?オレの行動はオレが決めるから。この子がそれを望んでないなら、それは無理な相談っすよ」

 

子どもとつながる問いかけの魔法

目の前の子どもたちに何を届けたいですか?