子どもだけでゴールにたどり着く!

授業参観 理科

長男くんの授業参観に行ってきました。

理科の授業でしたね。

 

 

「死海ではなぜ人が浮くのか」

 

 

そんな課題をみんなで考える授業でした。

子どもたちが司会をして話し合うんですね。

先生はその様子を見守っているだけ。

 

 

授業参観でこれができるのは、なかなか子どもたちを信頼しているなぁと思いましてね。

勇気がいりますよ。

 

 

子どもを信じて手放すってのは、実は勇気と覚悟がいるのです。

 

 

ちなみに、海水の塩分濃度って3%ぐらいなんだそうです。

んで、死海は23〜30%もあるんだって。

塩分濃度が高くなると浮力も大きくなるんだそうな。

 

全部、googleで調べました。

 

 

googleで調べたら、まあ一瞬でたどり着けちゃうんだけど、それを子どもたちが話し合うわけです。

で、この課題が面白いなぁ…と思うのはですね。

「じゃあ、塩分濃度が高いとなんで浮力が高くなるのさ」ってところなんです。

 

 

どうもこれ、googleに尋ねてもハッキリしない。

大人の結論は「塩分濃度が高くなると浮力が大きくなる」で終わるわけ。

それ以上の説明は、難しくなる。

「それはそういうものですから!」みたいな感じね。

 

 

塩分濃度が高くなると、密度が大きくなる。

これを人間に喩えて説明している子がいて、なるほどって思った。

「2人で支えるより、5人で支えた方が力が楽でしょ?」みたいな。

 

 

で、また「塩分濃度が高くなると、なんで密度が大きくなるの?」とか「密度が大きくなると、なんで浮力が大きくなるの?」とかなっていくわけ。

 

 

このやり取り。

まあ、大人にはまどろっこしいんだけど、僕は(おもしろいなぁ)と思っていたわけ。

 

 

教えたら早いのよ。

「塩分濃度が高くなると浮力が大きくなる。はい、これテストに出すから覚えとけ!」ってね。

子供の疑問は「それはそういうものですから!」ってねじ伏せても処理できちゃうわけ。

 

 

でもさ、ホントの学習って何なの?ってのを考える必要があるよね。

「いい成績を取ること」

「受験に合格すること」

それが学ぶことの価値だと思っている保護者から見たら、「早く教えてどんどん先に進んでよ!」って思うだろうね。

 

 

僕も昔ね、授業参観でこういう授業をしたわけ。

あとで、保護者から苦情が来たもんね。

小グループで話し合うって授業だったんだけど。

 

 

「ウチの子は何も意見を言わない。あれなら、漢字の書き取りをひたすらやらせてもらった方が力がつく」って。

いやいや、意見を言うことだけが価値じゃないのよ。

黙っていたって考えてんのよ。

 

 

まあ、その母ちゃんも頭の中「受験」でいっぱいだったしね。

「受験」と「評価」がリンクしていて「評価」と「授業」がリンクしているからね、なかなかややこしいわけさ。

 

 

学校と進学塾は異なる価値観でやってんだけどな。

難しいね。

大切にしていることって、それぞれ違うからさ。

 

 

僕はすげ〜おもしろいなぁと思っていた授業も、保護者によっちゃ「何この授業!先生は何もしないザマスね」なんて思ってんだろうね。

まあ、難しい世の中になりましたよ。