ただ、この子を受け入れる。


兄が1人、妹が3人、弟が2人の7人兄弟。

家族9人と同居していた祖父といとこ。

合わせて11人もの食事の支度を毎日していたお母さん。

 

 

お父さんは印刷業を営んでおり、いつも10人ほどの工員さんが手伝いに来ていました。

お母さんは家事と育児だけでなく、お父さんの仕事を手伝い、工員さんにも声をかけねばなりません。

 

 

多忙を極めるお母さんでした。

そんなお母さんを彼は困らせます。

 

 

母の関心を得たいと大声で泣いてばかり。

一度泣いたら3時間は泣き止まず、周囲の人を困らせます。

 

 

それでもお母さんは、決して見放しません。

甘えん坊の彼をたしなめることも、叱ることもせず、ただ「困った子だねぇ」と言って受け止めてくれたのだそう。

 

 

彼の名は稲盛和夫さん。

27歳の若さで京セラを設立し、経営破綻したJALをV字回復させた、言わずと知れた実業家です。

 

 

稲盛さんはお母さんを述懐し、こうも述べています。

「ただ、毎日を明るく、そして人のために懸命に働くその姿をありのままに見せ、素晴らしい愛情で子どもたちを包んでくれていた」と。

 

 

人としてやってはいけないことには、きちんと「いけません」と言ってくれるお母さん。

それでも、最後には必ず受け入れてくれるのがお母さんだったそうです。

 

 

6年生のとき、お母さんは学校に呼び出されることになります。

稲盛さんは「いじめ」をしてしまったのだそう。

担任の先生が士族の出身の子どもを「えこひいき」すると。

それで、その不満が子どもの方に向かってしまったのでした。

 

 

その行為自体は許されることではないのですが、稲盛さんは先生と口論になります。

それでお母さんは学校に呼び出されたのでした。

 

 

「お母さん、稲盛はこの学校が始まって以来のワルです」とまで言われたのだとか。

 

 

そんな学校での出来事を、お母さんは静かにお父さんに報告しました。

「1人の子どもをえこひいきするのはけしからんと思ったんだ」と話す稲盛さん。

そんな彼にお父さんは「そうするのが正しいと思ってしたんだな」と尋ねます。

 

 

彼は「うん」と返事をすると、「そうか」と答えて、それ以上は何も言わなかったのだとか。

お父さんもまた、稲盛さんを理解し受け入れてくれる存在でした。

 

 

ご両親はともに忙しく、なかなか子どもと触れ合う時間を作れません。

それでも、深い愛情の中で育てられたという実感が稲盛さんにはありました。

 

 

 

子どもの才能が花開く問いかけの魔法

受け入れてもらえたと感じるのは、どんなときですか?

 


【参考文献】

稲盛和夫 著

『ごてやん 私を支えた母の教え』

(小学館)