「あなたならできる」と言ってみる。


「子どもの奴隷労働問題を解決したい!」

 

想像してみてください。

あなたの子どもたちが、そんな言葉を口にしたら。

あなたはきっと微笑むでしょう。

 

(まあ、なんて素敵なこと♡)

 

子どもの発想をあなたは受け止めるでしょう。

そして、こう伝えます。

 

「大人になったらね。

 そのためには、まずしっかりお勉強してね」

と。

 

 

ところが、この子のお父さんとお母さんは違いました。

 

「あなたなら、できる!」

 

そう言ったのです。

彼女の名はビビアン・ハー。

自作のレモネードスタンドでレモネードの販売を始めた彼女。

株式上場を果たし、セレモニーの鐘を鳴らしたのは9歳のときでした。

 

 

「子どもの奴隷労働問題」を解決するために設定した目標金額は10万ドル。

レモネードスタンドに立ち続けること173日。

彼女は見事に目標を達成します。

 

 

「これで子どもの奴隷も終わるの?」 

彼女はお父さんとお母さんに尋ねます。

 

 

あなたなら、9歳の女の子に何と伝えるでしょうか。

「きっと終わるわよ」

そう伝えるでしょうか。

 

 

でも、お父さんとお母さんは違いました。

目標を達成したばかりの9歳の女の子にも真実を伝えます。

両親は首を横に振りました。

 

「子どもの奴隷を終わらせるのは無理かもしれないよ」

 

その言葉を聞いた彼女は、こう答えます。

「いいえ、できるわ!」と。

 

 

今度は、レモネードスタンドではなく、レモネードを瓶詰めにして販売することを思いつきます。

お父さんと一緒にフェアトレードオーガニックレモネードを販売する会社「Make a Stand」を設立します。

 

 

しかし、レモネードの販売は簡単ではありません。

 

 

そこで、今度はチャリティのために募金を集めるクラウドファンディングを、数分で準備できる専用アプリを開発します。

手数料をいただくことで、Make a Standは数千万ドルの売上を達成することができました。

 

 

子どもたちの発想は無限大です。

そこには、才能の種が隠されています。

 

 

しかし、大人はそのことに気がつきません。

「そんなの無理!」と言って、子どもたちの才能の種を枯れさせてしまいます。

 

 

ビビアン・ハーさんが

「子どもの奴隷を終わらせたい」

と口にしたとき。

9歳の女の子が、そんな途方もない話をしたとき。

 

 

ご両親は彼女にこう言いました。

「あなたなら、できる!」

 

 

そして、彼女の活動を精一杯応援したのでした。

 

 

子どもの才能が花開く問いかけの魔法

子どものころ、どんな夢がありましたか?

 


【参考文献】

ビビアン・ハー 著

『メイク・ア・スタンド』

(ワンネス出版)