止められてでもやりたいことは?

エイブラハム・リンカーン

「お前は働くことよりも、本を読むことが好きなのか?」

 

そう言ってお父さんは叱りました。

 

 

お父さんは、森を切り拓き、土を耕し畑をこしらえる貧しい開拓民でした。

ですから、文字を読むことも書くこともできません。

契約書を読むことすらできませんから、それが原因で農地を奪われてしまうこともありました。

 

 

読み書きの価値がわからないお父さんです。

将来は開拓民になるとばかり思っていたお父さんは、本ばかり読んでいる息子のことを苦々しく思っていたのでした。

それでも彼は、本を読むことをやめませんでした。

 

 

あるとき、お父さんが持ってきた契約書を見て驚きます。

せっかく開拓した土地を安値で売り渡す、そんな契約書だったのです。

文字の読めないお父さんは、息子のおかげで土地を手放さずにすんだのでした。

そんなこともあって法律に興味をもった少年は、弁護士さんから法律集を借り、法律について学び始めるのでした。

 

 

 

さて、ある年のこと。

ニューオリンズに行った彼は、驚くべき光景を目にします。

それは、奴隷市場で売買される黒人たちの姿でした。

彼は突き動かされます。

彼らを解放しなければ、と思い立つのです。

 

 

そう。

彼の名はエイブラハム・リンカーン。

奴隷解放に尽力し、民主主義の原点とも言える人物です。

最も偉大なアメリカ大統領とも評されます。

 

 

その後、彼は郵便局員の仕事をし、その合間を縫って測量士の仕事をします。

さらに、法律の勉強を続け、弁護士になります。

やがて政治に興味をもった彼は、州議会議員に当選。

ついには、第16代アメリカ大統領に就任します。

 

 

実は、リンカーンのお母さんは、彼が小さな頃に亡くなっていました。

彼にたくさんの本を与えたのは、10歳のときにやってきた新しいお母さん、サラー・ジョンストンだったのです。

 

 

新しいお母さんの荷物の中からたくさんの本を見つけたリンカーン。

お母さんは、

「どれだって読んでいいのよ。それはあなたの本でもあるのよ」

と言って、彼の「本好き」を開花させます。

また、お父さんを説き伏せて、学校に通わせてくれたのもお母さんでした。

 

 

リンカーンは学校で、ジェファーソンが記した『アメリカ独立宣言』を目にします。

人間は誰もが平等であること、そして自由と幸福を追い求める権利があることを知りました。

 

 

すべては、自然の流れの中にあります。

才能の種は、無理して探さずとも、今あるものの中に隠れているのです。

 

 

子どもの才能が花開く問いかけの魔法

止められてでもやりたいことは何ですか?

 


内田 庶 作

『リンカーン 自由と平等を求めた人』

(フォア文庫)