熱中してみる。


お母さんが定期購読していた主婦向け雑誌を貪るように読むような幼稚園児だったと言います。

文字が読めたわけではないけれど、美味しそうな料理やお菓子の写真、家事の裏技に節約術。

それは彼女にとって、お兄ちゃんにとってのテレビゲームの攻略本のようなものでした。

 

 

掃除、片づけ、料理に裁縫。

家事をこよなく愛する日々は、まるで花嫁修行のよう。

 

 

それが『人生がときめく片づけの魔法』でミリオンセラーを記録したベストセラー作家の近藤麻理恵さんです。

2015年には、アメリカのTIME誌の「最も影響力のある100人」にも選ばれています。

 

 

中高生になると、帰り道にある雑貨屋さんによっては収納グッズをチェックし、面白い商品を見つければ会社に問い合わせて、商品の開発ストーリーを尋ねるほどでした。

 

 

自分の部屋を片付けるだけでは飽き足らず、兄の部屋、妹の部屋、リビング、キッチン、洗面所と場所ごとに毎日片付けをし続けました。

学校から帰ると制服も着替えずにお片づけを始める彼女。

日が沈み夕食の声がかかるまで、時間を忘れて片付けに没頭していたと言います。

 

 

15歳のとき、彼女は『「捨てる!」技術』という本に出会います。

そこで彼女は捨てることに開眼し、片づけ研究はどんどんエスカレートしていったのだと言います。

 

 

頭の中が片付けることでいっぱいになった彼女は、新しい場所を見つけてはこっそりお片づけに励みます。

教室の本棚の本を並べ替えたり、収納の工夫をしたり。

とにかく幼いころから「お片付け」が大好きだった彼女。

 

 

「片付けオタク」を自認する彼女は、やがて「片づけコンサルタント」として、「片づけること」を仕事にします。

まさに、好きを仕事にする代表のような生き方です。

 

 

自分が好きなこと。

そこには「天才の種」が隠されています。

 

 

その種を発芽させるためには、とことん追求することが大切です。

彼女の「片づけ」に対する情熱をみんなが邪魔すれば、きっと彼女の種は発芽することはなかったでしょう。

 

 

教室の掃除箱を片づけ始める彼女に、

「そこは片づけなくていい」

「勝手に配置を変えるな」

と言い、兄の部屋を片づける彼女に、

「勝手に部屋に入るな」

と言えば、きっと彼女の「天才の種」は発芽することなく枯れてしまうことでしょう。

 

 

ついつい僕らは、子どもが何かに熱中しすぎると、心配になってしまうところがあります。

ですが、その「熱中すること」こそが、「天才の種」を発芽させるのに欠かすことができないのです。

 

 

子どもの才能が花開く問いかけの魔法

子どものときにハマったことは何ですか?

 


【参考文献】

近藤 麻理恵 著

『人生がときめく片付けの魔法』

(サンマーク出版)