次々と困難がやってくるあなたへ

心の病 教員

あなたに必要なことしか、眼の前にはやってこない


なんで、あの子は私の言うことを聴いてくれないのだろう。

なんで、あの親は執拗に私を攻撃してくるのだろう。

 

自信をなくしているあなたに贈ります。

 

「がんばっているあなた」の目の前には、次々と困難な状況がやってきます。

しかし、あなたの目の前で起きることは、すべて今のあなたにとって必要なことなのだと思います。

 

もちろん、今は必要に感じないかもしれません。

けれど、未来に「今」を振り返ったとき、きっと目の前で起きていることが、あなたを大きく成長させてくれたと気がつかせてくれるはずです。

 

僕は過去に、毎日のように家庭訪問をし、毎日のように板の間に正座をさせられ、何時間も罵倒され続け、タバコの煙を浴びせ続けられたことがあります。

それが数週間も続いたとき、僕は人間に会うのが怖くなりました。

怖くて怖くて仕方がなく、うつむいていないと、外を歩けなかったのです。

それは、まさに「心の病」でした。

 

そして、それが僕の教員人生の「どん底」でした。

ところが、そんな「どん底」の経験が、僕を大きく変えてくれました。

 

どん底を知ると、人は強くなる

たとえば、学校に大変腹を立てている保護者がいたとします。

 

ひどい剣幕で苦情の電話をかけてきます。

学校に乗り込んできたり、家に来いと言う。

校長も教頭も会いたくないと言います。

 

それでも、僕は平気で会いに行きます。

どれだけ罵倒されても、話を聴き続けられます。

 

「どん底」の経験があるから、もうどんな状況でも怖れることなどありません。

なぜって、あれ以上辛いことはもう起きないことを知っているから。

自分の心の限界を知っているのです。

 

セラピストさんとお話をしていたときのこと。

「僕はもしかしたら、その保護者に感謝すらしているかもしれません」

そんな言葉が自然にこぼれたとき、僕はいわゆる「心の病」を抜け出したと感じました。

 

もしかしたら今、「あなた」の目の前で起きていることは「どん底」かもしれません。

周囲の助けを借りたり、少しお休みをしたりしてでもいい。

そこからはい出してください。

無理のない方法で。

 

その「どん底」を抜けたら、今よりもっと素敵な先生になっているはずです。

いや、人間として、もう一つ上のステージに上がれるはずです。

あなたもきっと輝ける。

僕はそう信じています。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

「どん底」なら、それより下はないのだから、はい上がるだけでいい。