叱っても解決しないこと

叱らない 提出物 宿題 学級担任

提出物を出せる子、出せない子

提出物をちゃ〜んと出せる子がいます。

宿題をちゃ〜んと出せる子がいます。

個人懇談会の折、そんな子のお母さんに僕は尋ね続けました。

 

「どうしてお子さんは、ちゃんと提出物を出したり、宿題を出したりできるのですか?

 ご家庭で、どんなしつけや声かけをされていたのですか?」

 

すると、みなさん、同じ言葉が返ってくるのです。

 

「いや〜、とくに何も言ってないんですけどね。

 昔から、ちゃんとやるんですよね」

 

 

反対に、

提出物をちゃ〜んと出せない子がいます。

宿題をちゃ〜んと出せない子がいます。

個人懇談会の折、そんな子のお母さんに僕は尋ね続けました。

 

「お家では、どんな様子ですか?」

 

すると、みなさん、同じ言葉が返ってくるのです。

「どれだけやりなさい!って言ってもやらないんです。

 もうイヤになっちゃいます」

 

提出物や宿題をちゃんと出せる子は、言われなくても出せる子。

提出物や宿題をちゃんと出せない子は、言われても出せない子。

 

ちなみに、どちらのお母さんも、よくこんなお話をされるのです。

 

「でもね〜、妹の方は全然出せないんですよ」

 

「でもね〜、お兄ちゃんは違うんですよ。

 ちゃんと出せるんです」

 

提出物や宿題忘れを「しつけ」の問題、「家庭」の問題、「本人」の問題で片づけてしまうのはいかがなものでしょうか。

 

叱らない方法を考えることを楽しむ

そもそも、提出物や宿題がきちんとできない子は、時間を守ったり、文字をきちんと書いたり、自分を管理したり、話を聞いたり、などがちょっぴり苦手。

 

それは、その子がもったユニークな部分です。

 

「叱ること」で解決することではないと考えています。

もちろん、恐怖を覚えるほどの叱り方で、人格に働きかければ「変えること」は可能かもしれません。

 

でも、それって教育的ではありませんよね。

 

「ハッピーな先生」は、そこで考えるのです。

悩んで悩んで悩み抜くのですね。

「どうしたら、この子が提出物や宿題を出せるだろうか」って考える。

 

叱って終わりは、先生じゃありません。

 

「こんなに叱ってるのにできない!

 私はちゃんと仕事をやっている!!

 叱ってもできないこの子が悪い!!!」

 

こんな考え方は、悲しいなって思うのです。

 

目の前の子どもを幸せにするのが「ハッピーな先生」なのです。

「叱らない方法」を考えることを、心から楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 叱って片づけるのではく、困っている子を真の意味で助ける。