子どもの才能を伸ばす親、子どもの才能を潰す親


 

僕はSTR(素質適応理論)で言うところの「□なお父ちゃん」です。

「□なお父ちゃん」は目標設定が大好き。

目標から逆算して、今何をすべきかを考えます。

 

 

ですから、子どもに「管理職」として振る舞いがちです。

 

 

ところが、我が家の愛娘は「△な娘ちゃん」です。

枠にハメられるのが大嫌い!

親の「あ〜しなさい!」「こ〜しなさい!」が大嫌い何ですね。

 

 

まあ、聞く耳なんか持っちゃいません。

だから、小言は言うだけ無駄!

エネルギーの無駄遣い!

 

 

彼女に必要なのは賞賛!

根拠なんていらない!

褒めておだてて、はい、終わり(笑)

 

 

 

こんな絵を30分で描くんです。

「△な娘ちゃん」は天才肌!

ブタもおだてりゃ木に登るタイプなんです。

 

 

僕は「□なお父ちゃん」ですがSTR(素質適応理論)を学んでおります。

ですから、子どもへの声かけはお手のものです。

 

 

「お前、すごいな!」

「天才じゃないか!」 

 

 

これだけで十分なのです。

大切なことはモチベーションを上げること。

気持ちよくさせてあげることで、彼女は「彼女の才能」を爆発させるタイプなのです。

 

 

でも…、

 

先日、発見された彼女の児童会役員選挙のポスター。

手を抜きすぎ(笑)

 

 

「△な娘ちゃん」ムラのある人です。 

それでいいのです。

そう、それが彼女の生まれ持った性質です。

 

 

テンション上がったら「やる」けど、テンション上がらなかったら「やらない」。

わかりやすい人なのです。

 

 

こんなとき、「□なお父ちゃん」「お前はできるんだから、ポスターもちゃんと描きなさい」とか言っちゃうわけです。

 

 

そんなことを言おうものなら、「△な娘ちゃん」はテンションだだ下がり。

だって、枠にハメられたくないんだもん!

 

 

親はついつい自分の「やり方」に、子どもをハメようとします。

それで、子どもとぶつかります。

まず、自分を知ること。

そして、相手を知ること。

 

 

子ども伸ばすのも潰すのも、親の在り方次第です。

 

 


今、STR(素質適応理論)にドハマリしています。

それで先日、東京で2日間、がっちり勉強してきました。

 

STR(素質適応理論)

 

そんなわけで、僕はSTR(素質適応理論)をベースに、「魔法の質問」というコーチングメソッドを活用し、なおかつ「16年間の学校の先生としての経験」を踏まえ、「家庭を幸せにするコンテンツ」を提供していきたいと考えています。

家族の取扱説明書を手に入れる新コンテンツです。

 

 

▷▷▷個人セッションの詳細はこちらをクリック

 

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。