子どもの才能を伸ばす親、子どもの才能を潰す親


 

僕はSTR(素質適応理論)で言うところの「□なお父ちゃん」です。

「□なお父ちゃん」は目標設定が大好き。

目標から逆算して、今何をすべきかを考えます。

 

 

ですから、子どもに「管理職」として振る舞いがちです。

 

 

ところが、我が家の愛娘は「△な娘ちゃん」です。

枠にハメられるのが大嫌い!

親の「あ〜しなさい!」「こ〜しなさい!」が大嫌い何ですね。

 

 

まあ、聞く耳なんか持っちゃいません。

だから、小言は言うだけ無駄!

エネルギーの無駄遣い!

 

 

彼女に必要なのは賞賛!

根拠なんていらない!

褒めておだてて、はい、終わり(笑)

 

 

 

こんな絵を30分で描くんです。

「△な娘ちゃん」は天才肌!

ブタもおだてりゃ木に登るタイプなんです。

 

 

僕は「□なお父ちゃん」ですがSTR(素質適応理論)を学んでおります。

ですから、子どもへの声かけはお手のものです。

 

 

「お前、すごいな!」

「天才じゃないか!」 

 

 

これだけで十分なのです。

大切なことはモチベーションを上げること。

気持ちよくさせてあげることで、彼女は「彼女の才能」を爆発させるタイプなのです。

 

 

でも…、

 

先日、発見された彼女の児童会役員選挙のポスター。

手を抜きすぎ(笑)

 

 

「△な娘ちゃん」ムラのある人です。 

それでいいのです。

そう、それが彼女の生まれ持った性質です。

 

 

テンション上がったら「やる」けど、テンション上がらなかったら「やらない」。

わかりやすい人なのです。

 

 

こんなとき、「□なお父ちゃん」「お前はできるんだから、ポスターもちゃんと描きなさい」とか言っちゃうわけです。

 

 

そんなことを言おうものなら、「△な娘ちゃん」はテンションだだ下がり。

だって、枠にハメられたくないんだもん!

 

 

親はついつい自分の「やり方」に、子どもをハメようとします。

それで、子どもとぶつかります。

まず、自分を知ること。

そして、相手を知ること。

 

 

子ども伸ばすのも潰すのも、親の在り方次第です。

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。