なぜ妻と夫は心がすれ違うのか。


STR(素質適応理論)で言うところの「◯の母ちゃん」である妻は、「みんなといっしょ」が大好きです。

でもね、その「みんなといっしょ」、実は「自分がやりたいこと」を「みんなといっしょ」にやりたいわけです。

 

 

自分のペースを守りたい僕と長男、次男の⬜︎な男子チーム。

そして、枠にはめられたくない自由な△の長女ちゃん。

正直、この「◯の母ちゃん」の「みんなといっしょ」に少し迷惑な感じを覚えるわけです。

 

 

「いっしょに買物に行こう!」なんて誘われても、みんな「めんどくさい〜」「一人で行ってきて〜」となります。

 

 

ここでのポイントは、我が家には◯の人が、「◯な母ちゃん」のみ、ということです。

これがもう一人、◯の子どもがいれば良いのですが…。

 

 

面白いもので、妻はよくお泊まりでお出かけをします。

我が家には「◯の人」がいなくなるわけです。

つまり、家族全員「自分のペースでやりたい人」になります。

 

 

すると、家族は一見バラバラです。

けれど、自分のペースを乱されたくないので、必然的に他人のペースも乱さなくなります。

バラバラに見えますが、全員心地いいのです。

 

 

この一体感のなさ(笑)

「◯の人」がご覧になったら、「仲悪いの?」となるわけです。

いえいえ、⬜︎と△の僕らには、これがいいのでございます。

 

 

 

「⬜︎の僕」は、自分のペースを守りたいんですね。

で、そこに「◯の妻」がいろいろぶっこんでくるわけです。

 

 

いえいえ、「◯の妻」はぶっこんでるつもりはカケラもありません。

ただ、「⬜︎の僕」には、ぶっこまれた感がハンパないわけでしてね。

僕の耳にはそう感じるのです。

 

 

「◯の妻」的には、普通に話しかけているんですね。

だって、話したいんだもん。

「◯の人」は「いっしょに」が好きだから。

 

 

それで、「⬜︎の僕」は、うっとおしそうな態度を見せるわけです。

(なんか、ウチの旦那、冷たい人だな…)となっちゃうわけです。

 

 

うむ!

人間関係のすれ違いだね。

 

 

それ、STR(素質適応理論)で紐解いておけば良いのです。

「家族のトリセツ」はそのためにあります。

 

 

僕が仕事に集中しているときは、少し妻は考えてから話しかけます。

一方、妻が話しかけてくれば、仕事の手を休めて耳を傾けます。

 

 

「なんで?」という疑問は、「わからない」から生まれるのです。

相手に対する不理解が、人間関係のすれ違いを生み出します。

 

 

だったら、答えは簡単です。

わかればいいのです。

理解すればいいのです。

 

 

▷▷▷個人セッションの詳細はこちらをクリック

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。