なぜ妻と夫は心がすれ違うのか。


STR(素質適応理論)で言うところの「◯の母ちゃん」である妻は、「みんなといっしょ」が大好きです。

でもね、その「みんなといっしょ」、実は「自分がやりたいこと」を「みんなといっしょ」にやりたいわけです。

 

 

自分のペースを守りたい僕と長男、次男の⬜︎な男子チーム。

そして、枠にはめられたくない自由な△の長女ちゃん。

正直、この「◯の母ちゃん」の「みんなといっしょ」に少し迷惑な感じを覚えるわけです。

 

 

「いっしょに買物に行こう!」なんて誘われても、みんな「めんどくさい〜」「一人で行ってきて〜」となります。

 

 

ここでのポイントは、我が家には◯の人が、「◯な母ちゃん」のみ、ということです。

これがもう一人、◯の子どもがいれば良いのですが…。

 

 

面白いもので、妻はよくお泊まりでお出かけをします。

我が家には「◯の人」がいなくなるわけです。

つまり、家族全員「自分のペースでやりたい人」になります。

 

 

すると、家族は一見バラバラです。

けれど、自分のペースを乱されたくないので、必然的に他人のペースも乱さなくなります。

バラバラに見えますが、全員心地いいのです。

 

 

この一体感のなさ(笑)

「◯の人」がご覧になったら、「仲悪いの?」となるわけです。

いえいえ、⬜︎と△の僕らには、これがいいのでございます。

 

 

 

「⬜︎の僕」は、自分のペースを守りたいんですね。

で、そこに「◯の妻」がいろいろぶっこんでくるわけです。

 

 

いえいえ、「◯の妻」はぶっこんでるつもりはカケラもありません。

ただ、「⬜︎の僕」には、ぶっこまれた感がハンパないわけでしてね。

僕の耳にはそう感じるのです。

 

 

「◯の妻」的には、普通に話しかけているんですね。

だって、話したいんだもん。

「◯の人」は「いっしょに」が好きだから。

 

 

それで、「⬜︎の僕」は、うっとおしそうな態度を見せるわけです。

(なんか、ウチの旦那、冷たい人だな…)となっちゃうわけです。

 

 

うむ!

人間関係のすれ違いだね。

 

 

それ、STR(素質適応理論)で紐解いておけば良いのです。

「家族のトリセツ」はそのためにあります。

 

 

僕が仕事に集中しているときは、少し妻は考えてから話しかけます。

一方、妻が話しかけてくれば、仕事の手を休めて耳を傾けます。

 

 

「なんで?」という疑問は、「わからない」から生まれるのです。

相手に対する不理解が、人間関係のすれ違いを生み出します。

 

 

だったら、答えは簡単です。

わかればいいのです。

理解すればいいのです。

 

 

▷▷▷個人セッションの詳細はこちらをクリック

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。