家族のトリセツ 〜5件目・育てにくい子ども〜


パパと息子の確執。

ママと娘の衝突。

今日はそんな悩みを抱えたご家族の『家族のトリセツ』です。

 

 

「□のパパ」は結果が大事。

「◯の息子」はプロセスが大事。

ここ、よくミスコミュニケーションの起こるポイントです。

 

 

「□のパパ」はダメ出しばかり。

「がんばり」を認めてもらいたい息子さん。

どんどん凹んでいきます。

どんどん確執は深まっていきます。

 

 

まして、家族で唯一適応値の低いパパさんです。

声を荒げないと気づいてもらえないのです。

 

 

ちなみに、家族で唯一適応値の高い僕は、「おい!」と小さな声で呟くだけで、家族はピリっとしちゃいます(笑)

 

 

そんなわけで、パパさんは大きな声で息子にダメ出しをします。

どんどん息子の心は離れていきました。

 

 

そんな息子とママさんは同じ◯同士。

コミュニケーションが円滑で良い関係を築くことができました。

ママさんが話を聞いてくれるから、息子くんは潰れずに済んだのでした。

 

 

一方、ママさんの悩みは「△の長女ちゃん」です。

ふたりの相性は「他人の関係」です。

 

 

「他人の関係」は、決して悪い関係ではありません。

ただ、「わかってもらおう」「深く関わろう」とすればするほどすれ違うところがあります。

衝突するところがあります。

 

 

「親と子」ではなく、一人の人間として、相手への尊厳を忘れず、良い距離感で付き合うことが大切です。

大切なのは距離感でした。

 

 

でも、ママさんは一生懸命子育てをしました。

子どもを理解しようと努めました。

子どもと関わろうと努めました。

そのことが余計に子どもとの関係を難しくしてしまったのです。

 

 

 

まして、長女ちゃんは「△さん」です。

枠にはめられるのが大嫌いです。

コントロールしようとすれば反発は免れません。

 

 

お母さんがほどよい距離感で付き合うことが大切ですね。

そして、とにかく褒めてノセルこと。

それが娘ちゃんたちのポテンシャルを最大限に発揮させる方法です。

 

 

今では、母子の関係は良好のようです。

話を伺って、大変うれしい気持ちになりました。

 

 

 

ちなみに、△の娘ちゃん二人は、お父さんのダメ出しをどう受け止めているか。

「あぁ〜、クソ親父。マジでテンション下がるんですけど!」ぐらいの受け止めですから。

そこまで心配はいらないように思います。

 

 

適応値の低いパパさんの言葉に耳を傾けてあげてくださいね。

パパさんは「陽」の人。

ホントは家族を明るく照らす「太陽」のような人なのですから。

 

 

 

鍵を握るのは、パパさんと「夫婦の関係」である長女ちゃんかもしれませんね。

 

 

5人家族では「10の人間関係」が絡み合っています。

すべての関係性が悪いわけではありません。

 

 

うまくいっていない部分は、うまくいっているところで補い合っていけばいいのですね。

 

家族のトリセツ 〜個人セッション〜

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。