なんたら協会でたくさん資格を取ったのに、お金にならないあなたへ


世の中には今、

たくさんの「◯◯協会」があります。

 

 

最近、これら「◯◯協会」で、

◯◯認定講師だの、

◯◯インストラクターだの、

◯◯トレーナーといった資格を取得した方々からの相談をよく受けます。

 

 

「仕事(お金)になる」と言われて資格を取得したのに。

「まったく仕事(お金)にならない!」なんて方、多いみたいです。

 

 

僕はそんなお話を耳にするたび、

「だろうね」

と思う次第です。

 

 

そういった協会の「偉い人たち」は、みんな同じようなマーケティング手法を口にします。

 

 

「ブログを書きなさい」

「メルマガやLINE@を始めなさい」

「PDFを作ってキャンペーンをやってリストを集めるの」

「まずは体験講座に誘導して」

 

 

まあ、この程度のアドバイスならば、まだ良心的です。

 

 

なかには、未だに

「facebookのお友達を5000人」とか、

「いいね押しまくれ」とか、

「とにかくたくさんコメントしろ」とか、

「協会関連の投稿をシェアしろ」とかやってるみたいです。

 

 

 

協会ごとの縛りもいっぱいあり、

「ウチの協会をもっと紹介して」

「協会のメルマガに登録させて」

「プロフィールに他の資格は書くな」

なんてところもあるみたいです。

 

 

協会側も講師側も大変だなぁ…と思います。

何の縛りもない協会にしか属さない僕にはわからない世界です。

仕事を辞めてせっかくフリーランスになったのに、そんなことやらされたくないよね。

 

 

だいたいあれだよ。

「協会が講師さんを応援する」のではなく、「講師さんが協会を応援しなければならない」ってのが、どうもねぇ。

 

 

まあ、簡単にいうと「ビジネス感覚」のカケラもない主婦層を集め、「儲かるよ」と謳い、資格取得を促すわけです。

 

 

講師から資格取得料をいただくことで成り立つビジネスモデルであり、「講師が実際に集客をして講座開催ができるか」、つまり「講師が稼げるか」は「我関せず」な感じなところがあります。

 

 

協会側の言い分は簡単です。

「あなたが行動しなかったからでしょ?」です。

まあ、それはそうなんだけどね。

うん、そこは否定しませんよ。

 

 

ただね…。

 

 

「ブログを書く」

「メルマガを書く」

「体験講座を開く」

「本講座のクロージングをする」

 

 

「普通の主婦」がするにはハードルが高いのです。

やっぱ「儲かる」で始めちゃうといけませんな。

「楽して儲ける」なんてのは無理があるわけです。

 

 

 

さて、協会には理念が必要です。

おそらく多くの講師さんが、その理念に賛同して講師になっていると思われます。

ですから、講師さんのモチベーションが上がる形にし、活動しやすい形にデザインしておくことが、最も協会の理念が広がりやすくなるはずです。

 

 

しかしながら、ビジネスモデルを見ると、どう考えても理念に沿ったデザインになっていないことも多いわけでしてね。

得られた収入がどんどん協会に吸い上げていく仕組みになっている場合があります。

また、たくさんの制約を設けることで講師さんに手枷足枷をつけて活動を窮屈にしてしまっているところも多くあります。

 

 

「せっかく資格を取ったのに、何もできない!」って方、いっぱいいるんですね。

もったいないなぁ…と思います。

 

 

僕はそういう女性に会うたび、

「認定◯◯は名乗らない方がいいよ」

と伝えています。

 

 

「認定◯◯」なんて、何のブランディングにもなりません。

むしろ、あなたの価値を下げるとすら思っています。

でも、そういうのがないと講座ができない方も多いわけです(まあ、資格があっても講座ができてないんだから同じことなんですけどね)

 

 

僕はその人の話をじっくり聞きます。

すると、その人それぞれに素晴らしいストーリーがあることに気付かされます。

 

 

それは、きっとその人にとっては何でもない「普通のこと」です。

でも、他人の目から見ると、それは素晴らしい「特別なこと」なのです。

 

 

そして、世の中にどんなフックをかけるかを提案します。

あとは発信するだけです。

では、どんな発信をすればいいか。

それはもう、1400日ブログを書き続け、メルマガ配信を続けている僕ですからレクチャーすることも可能です。

 

 

ついでに言うと集客の仕方も教えられます。

この一年、主催する講座、イベント、トークライブはすべて満員御礼にしてきました。

これ、僕が「人気講師」だからではありません。

「満員御礼」は、ただ「やり方」の問題です。

 

 

最近よく、「コンサルしてください」と頼まれます。

話を聞くとゴールまでの道筋が一瞬で見つかってしまいます。

だから、いろんな人に相談されます。

 

 

道筋は見えるのですが、結局一緒にやってあげないとやれないだろうなぁ…とも思うわけです。

せっかくいろいろコンテンツがあるのに、それを届けないなんてつまんないよな…って思うわけです。

 

 

ただ、僕は別に「協会ビジネス」を誹謗中傷したいわけではありません。

 

 

僕は『魔法の質問』も『STRコミュニケーション協会』も「協会ビジネス」です。

ただし、妙な制約は何もありません。

「あ〜しろ、こ〜しろ」とも言われません。

 

 

問題はせっかく講師になった方を幸せにしていない「協会」もあるということです。

まあ、でも、あれだな。

「儲かるよ」と言われて始めたことは、だいたいうまく行かないようにこの世界はできてんだよね。

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。