家族のトリセツ8 「なぜお母さんは子育てに悩むのか」を紐解く

勉強しない子

この日の家族のトリセツ個人セッションは、二人の娘をもつお母さんからのご相談でした。

 

 

お母さんは子育てに悩んでいました。

子どものことで、いつもイライラしてしまいます。

 

 

さあ、プロファイリングしていくわよ!

 

家族の取扱説明書

「△ママ」と「□長女」に「◯次女」。

こういうとき、コミュニケーションの事故って起こりやすいの。

 

 

「△ママ」は「△」としてのベストなコミュニケーションが「◯」や「□」にとってもベストだと考えがち。

…というか、そこに何の疑問も抱かない。

だって、生まれてここまで、ずっとそうやって生きてきたんだもん。

 

 

でも、なかなか伝わらない。

まして、娘さんは「◯」と「□」。

二人には別々のコミュニケーションが必要なんです。

 

 

二人に対して、少しだけアプローチを変えなきゃいけない。

そういうのって、なかなか難しいよね。

 

 

さらに、旦那さんとの関係に注目。

「他人の関係」なんです。

 

 

あのね、「夫婦なのに他人なの?」なんて悲観的に考えないでね。

人間関係って距離感なの。

相性に「良い」も「悪い」もないの。

 

 

「他人の関係」のときはね、踏み込み過ぎないことが大事。

リスペクトや感謝を忘れず、一定の距離を保つの。

赤の他人にプライベートなこと、バンバン突っ込んでいったら嫌われるでしょ?

あんな感じね。

 

 

だから、「距離感」なのよ。

こちら側とあちら側の境界線を保つ必要があるわよね。

 

 

ただ、そうなると、子育ての相談相手にはなかなかならないわよね。

ちょっと語弊があるかな。

ママが求めているような相談相手にはパパさんはなれないのよ。

 

「他人の関係」であるパパさんは、ママとは異なる視点でアドバイスをくれる存在でもあるの。

そこを理解して相談するのは悪くないわよ。

 

 

まして、「□さん」だから、その指摘は的確だったりする。

しかも、「山」だからね。

適応値に差もあるから、きっとパンチも効いてるだろうし。

まあ、厳しいわよ、実際。

 

 

 

 

でもね。

 

 

ママが欲しいのは「指摘」じゃないのよ。

「アドバイス」でもないのよ。

 

 

 

ここ、ポイントね。

 

 

ママが欲しかったのは「共感」

もうそれだけ。

 

 

でもね、「□パパ」に「共感」は無理!

無理なもんは無理!

そこにミスコミュニケーションが起こるの。 

 

 

「□パパ」にとっての相談相手ってアドバイザーよ。

「△ママ」にとっての相談相手ってカウンセラーよ。

そんな違いもあったと思うわ。

 

 

こうして、お母さんは家庭で孤独を感じるようになる。

伝わらない夫、うまくいかない子育て。

まあ、孤独よね。

 

 

相手のことがわからないから、「なんで?」「なんで?」で頭がいっぱいになる。

気がつけば、子育てのことを検索する日々になる。

 

 

個人セッションでは「□の子ども」と「◯の子ども」へのアプローチを仕方を伝えたわ。

そして、パパさんとの距離感もね。

 

 

家族を紐解いていくたびに、「なるほど!」の連続だったみたい。

「わからない」が「わかる」に変わると一緒にいても苦じゃなくなるの。

面白いものよ。

 

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。