「□の人」がコミュニケーションの事故を起こさない秘訣


誰かにフィードバックをしてあげることがある。

いわゆるアドバイスである。

 

 

アドバイスは愛なのだけど、

アドバイスは時として人を傷つけることがある。

だから、注意が必要だ。

 

 

アドバイスが、いわゆる「ダメ出し」になることもある。

友だちの主催する講座に出たとする。

「何か気になったことがあったら教えてね」

そんな言葉を真に受けて「ダメ出し」しようものなら、相手を大変傷つけることになる。

 

 

「必要なものを必要な分だけ届ける」

 

 

人間関係では、これが大切だ。

アドバイスも「ダメ出し」も、相手が求めている分だけでいい。

 

 

そんなわけで、

「何か気になったことがあったら教えてね」

と言った友人に、

アドバイスや「ダメ出し」を届ける。

 

 

すると、むっちゃ凹む。

なぜだろう?

 

 

そもそも、アドバイスや「ダメ出し」など求めていないのだ。

「何か気になったことがあったら教えてね」と言ったけれど、求めている言葉は「特に気になることはなかったよ。楽しかったよ」なのだ。

 

 

まあ、こういうの、苦手なのは「□さん」だ。

「□さん」はアドバイスやダメ出しが得意だから気をつけたい。

 

 

もっとも傷つくのは「◯さん」だ。

顔は笑っているが、心はむちゃくちゃ傷つく。

凹んで凹んで凹みまくる。

 

 

その点、「△さん」は顔は笑っているが、心の中で「マジ、ウザいんですけど〜」って思ってる。

凹まないけど、テンション下がる。

 

 

そんなわけで、「□さん」はアドバイザーになると嫌われる。

まして、適応値の高い人は要注意だ。

 

 

周囲を傷つけまくることになる。

直球しか投げらないから。

しかも、豪速球だし。

 

 

そんなわけで、適応値の高い「□さん」である僕は、周囲への言葉がけには人一倍注意を払っている。

極力アドバイスもダメ出しもしない。

 

 

こういうとき、「魔法の質問」はすこぶる相性がいい。

だから、僕に相談すると、僕は「しつもん」で返す。

答えは教えない。

答えを教えてもいいんでけど、答えを教えると、確実にあなたを潰すことになる。

 

 

直球しか投げないからな♡

 

 

ブログでは、その能力を思いっきり発揮するため、けっこう傷つくことを書く(笑)

僕にその気はないのだけれど、パンチが効いてしまう。

 

 

「実際会うと、穏やかな人ですね」

「口数が少ないですね」

と言われる。

 

 

ブログと印象が違います!とよく言われる。

 

 

そりゃそうだ。

できるだけ抑えているのだ。

 

 

講演会は割とポテンシャルを発揮しちゃうけど、講座のときはとことん抑える。

個人セッションのときも、ソフトな対応をする。

 

 

意識して自分をコントロールしないと事故が起きるわけだ。

そんな僕も、適応値の高い「□さん」が苦手だったりする(笑)

意識せず傷つけてしまうという稀有な存在なのだな。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。