◯のママが相談相手を間違えると事故るぜよ。

STR(素質適応理論)

STR(素質適応理論)には◯△□というのがあります。

あるお母さんのお話です。

 

お母さんは「◯の人」でした。

「◯のお母さん」と呼びます。

 

 

「◯のお母さん」は、旦那さんのことで悩んでいました。

旦那さんに思いを伝えようと、あれをしたり、これをしたり。

とにかくがんばりました。

 

 

でも、なかなか旦那さんには伝わりませんでした。

 

 

「◯のお母さん」には、信頼できる相手がいました。

叔母さんです。

叔母さんは「□の人」でした。

「□の叔母さん」と呼びましょうか。

 

 

「どれだけがんばっても旦那に伝わらないんです」

「◯のお母さん」は「□の叔母さん」に愚痴をこぼします。

 

 

「どうしたら伝わるのだろう?」

「◯のお母さん」は「□の叔母さん」に助言を求めます。

 

 

「□の叔母さん」の答えはこうでした。

「伝わるまで伝えるしかないじゃない…」

 

 

もっとがんばれ!

もっとがんばれ!

「□の叔母さん」は励まし続けました。

 

 

「◯のお母さん」は、それが辛かったのだそうです。

「◯のお母さん」は、それが苦しかったのだそうです。

 

 

 

なぜでしょうか。

 

 

「◯のお母さん」が求めていたのは「共感」です。

「プロセス」を認めてほしかった。

ただ、それだけ。

 

 

母「どれだけがんばっても旦那に伝わらないんです」

 

叔母「そうなんだね、伝わらないんだね」

 

母「どうしたら伝わるのだろう?」

 

叔母「もうあなたは十分がんばったじゃない」

 

 

そう…、共感してもらいたかった。

それだけ。

 

 

でも、「◯のお母さん」は致命的なミスを犯しました。

相談相手に選んだのが「□の人」だったのです。

 

 

「どうしたら伝わるのだろう?」

 

そんな質問をした日には、「□の人」は全力で適切な方法を探します。

「こんな方法もいいんじゃない?」

「あんな方法もいいんじゃない?」

「伝えたいなら伝わるまで伝えるしかないじゃない!」

 

 

はい。

余白なんてありません。

共感?

しません。

 

 

伝えたいんでしょ?

じゃあ、伝わるまでやるべ!

これが「□の人」です。

 

 

一方、「◯の人」はこうです。

 

母「どれだけがんばっても旦那に伝わらないんです」
(私、がんばってるんです。ほめてください)

 

母「どうしたら伝わるのだろう?」
(こんなにがんばったんだから、もういいよね)

 

そりゃ伝わらね〜よ。

そもそも「◯の人」は、そんな自分の気持ちにすら気づいてなかったりします。

「◯のお母さん」は「◯の友だち」を見つけるといいでしょう。

 

 

間違っても「□の旦那さん」に相談などしてはいけません。

「◯の妻」は「□の僕」に相談を持ちかけ、撃沈します。

僕に共感力はありません。

 

 

しかも、僕が「親分」で、彼女は「子分」です。

 

 

テヤンデェ、バーロー!

ごちゃごちゃ言ってねぇで、

   やるんだよ!

 

 …となります。

相談相手を間違えてはいけません。

アドバイザーが欲しいのか。

セラピストが欲しいのか。

見極めてから相談しましょう。

 

個人セッションのご案内はこちら

 

 

あなたに贈る魔法の質問

 その人に相談して大丈夫ですか?

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。