お父さんのためのSTR 〜サッカー日本代表編〜


サッカー日本代表が出場しているアジアカップ2019。

予選リーグでは交代枠を残したことが批判されました。

仕方がありません。

日本代表の監督、森保一さんは「◯花P26」です。

横内コーチは「◯山P7」

齊藤コーチは「◯陽P30」

下田GKコーチは「◯樹P32」

 

 

なんと首脳陣、全員「◯」の人。

話は長いし、決められない!

 

「監督、交代どうしましょう?」

「え〜っ!どうする?」

「いやん♡監督が決めて♬」

「もう♡コーチが決めて♬」

 

 

そんなことをしている間に、試合終わっちゃったんでしょう。

選手交代の多くが後手後手な感じがするのも仕方がないのです。

 

 

全員「◯」の首脳陣なんだもん。

そんなわけで、今日はSTR的に日本代表を読み解きます。

 

 

乾選手はなぜ直談判に行ったのか。

予選2試合で交代枠を残した森保采配に異議を唱えた選手がいました。

乾貴士選手です。

STRスコアは「□山P10」

 

 

監督との関係は「他人」です(笑)

乾選手、絶対ムカついていたはずです。

 

 

(あいつ、わかってね〜な〜。俺を使えや!)

と思ったはずです。

 

 

それで、乾選手は森保監督に起用法を尋ねました。

きちんと意見を言うベテラン。

□の的確で無駄のない意見は、森保監督にはきつかったでしょう。

でも、適応値は監督が上。

負けちゃいません。

 

 

森保監督は丁寧に説明をします。

1から10まで説明をします。

なぜなら、「◯」だから♡

 

 

「丁寧に説明してもらいました」と乾選手はコメントしていました(笑)

あれ、嫌味かもしれません…。

 

 

乾選手って空気を変えられる選手だと思うんです。

膠着した試合における選手交代のファーストチョイスに見えるんだけどね。

もう呼ばれないんだろうなぁ…。

 

 

中島翔哉選手の離脱で急遽呼んだけど、やっぱ俺、コイツと合わね〜な〜!って思ってそう(笑)

 

 

DF陣が輝いている理由

若手の富安選手が大躍進しています。

素晴らしいヘディングシュートでした。

今や、吉田麻也選手の相棒は富安選手ですね。

 

 

吉田選手が前で潰れて、富安選手がヘッドでズドン!

なぜ、そんな阿吽のプレーができたのでしょうか。

それは二人の関係性にあるのです。

 

 

吉田麻也選手のSTRスコアは「△金P7」

富安健洋選手のSTRスコアは「◯陽P35」

なんと二人は「夫婦」です♡

 

 

ちなみに、ボランチの遠藤航選手。

彼のSTRスコアは「△金D25」

 

 

日本代表では数少ないデリケートさんです。

 

 

でも、彼が輝けるのは二人のセンターバックのおかげなんです。

「友達」の吉田麻也選手と「夫婦」の富安健洋選手。

アジアカップになったら急にディフェンスが硬いチームになったのは、この3人の相性のせいなんです。

 

 

ちなみに、長友佑都選手のSTRスコアは「◯地P1」

遠藤選手は「子ども」です。

ベテラン2人に可愛がってもらって、遠藤選手のびのびプレーしています。

 

 

モチベーションさえ上がれば天才の「△」さんですからね。

そんなわけで遠藤選手と富安選手は大活躍なわけです。

 

 

かわいそうなのは槙野選手

一方、牧野智章選手はなかなか輝けません。

吉田選手とのセンターバックはなかなかうまくいかないんです。

 

 

彼のSTRスコアは「△鉄P6」

吉田選手とは「ライバル」です。

 

 

切磋琢磨しあえれば、伸びていく二人なんだけどね。

 

「今の失点はお前のミスだろ?」

「いや、お前のカバーが悪いんだろ?」

 

 

そんなことをやっていればどんどん悪い方向に進んでしまいますね。

長年一緒にやっている割にはチグハグなのは、そこだろうね。

 

 

 

そこへ、「夫婦」の富安選手が台頭してきたわけです。

 

 

さらに追い討ちをかけます。

森保JAPANで新しく加わった室屋選手のSTRスコアは「△金P2」、三浦選手は「△金D3」。

吉田選手、室屋選手、三浦選手、3人とも「△金」で適応値も近め♡

 

 

このディフェンス陣、吉田麻也選手の「友達」と「夫婦」しかいないんです。

そりゃ、吉田麻也選手、リーダーと呼ばれるはずです。

 

 

ちなみに、槙野選手にだって味方がいます。

STRスコア「◯花P14」、佐々木選手。

槙野選手とは「夫婦」です。

 

あ〜よかったね。

一人じゃなかったよ…。

 

 

大迫勇也選手がハンパない本当の理由

日本代表の中盤は左から原口選手、南野選手、堂安選手。

STRスコアは、原口選手が「□地P14」、南野選手が「◯灯P28」、堂安選手が「△樹P29」。

全員、適応値高めです。

 

 

しかし、最前線でワントップを張る大迫勇也選手のSTRスコアをなめてはいけません。

「◯雨P46」

 

 

P46!!

 

 

大迫ハンパねぇ!

 

 

この3人を最前線で引っ張れるのは大迫選手しかいないわけです。

ところが、かわいそうな選手がいます。

 

 

そう、北川航也選手です。

STRスコアは「△樹D30」

 

 

D30!!

 

 

低っ!

 

 

ミスしても心は折れない「樹」の北川選手。

でも、周りの圧にやられとりますな。

「大迫→北川」という交代は、うまくいかないのです。

交代は「大迫→武藤(◯海P29)」のが良いのです。

 

 

北川選手の生かし方

しかし、北川選手だって組み合わせによっては生きてきます。

そこは伊東純也選手の出番です。

 

 

彼のSTRスコアは「◯地D21」。

高速ドリブルですが、デリケート♡

ここに、「□山P10」の乾選手を加えます。

 

 

すると、ずいぶんマイルドな適応値に変わります。

このメンバーで戦った試合、ありましたね。

 

 

そうです。

予選リーグ第3戦。

ターンオーバーで臨んだ試合、中盤は左から乾選手、北川選手、伊東選手でした。

 

 

ちなみに、この試合、センターバックは槙野選手で、そのお隣、サイドバックにいたのは「夫婦」の佐々木選手でした。

 

 

ターンオーバーで心配された試合でしたが、終わってみれば安定した試合運びで2-1の勝利。

とても良い組み合わせであったことがわかります。

 

 

STR(素質適応理論)とは

今、多くの経営者がSTRを学び、組織の運営に生かしています。

適材適所を配置し、それぞれの人が自分のポテンシャルを最大限に発揮できるようにしているのですね。

 

 

「誕生日でそんなことわかるわけないじゃないか!」

 

 

そう思われるお父さんも多いでしょう。

でもね、この宇宙の中で科学で解明できることなんて、ほんの5%に過ぎないとも言われています。

 

 

大切なことは組み合わせです。

そんなこと、感じていただけたら幸いです。

 

 

 

気がつけば残席2 STR入門講座

 

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。