この子に何かを伝えるときは  STR×魔法の質問

STR 魔法の質問 

アドバイスはいらない。

愛あるアドバイスは、ときに人を傷つけます。

 

まして、◯の子は凹むだけ。

厳しく責めたら凹むだけ。

 

できる範囲がパーフェクト。

がんばってない子なんていないから。

 

とにかく、できてることに目を向けよう。

結果じゃないの、プロセスなんです。

 

 

一方、□の子は結果が大事。

ひとたび自分で目標設定したら、

できない自分が許せない。

 

ストイックな□の子。

だから、ダメ出しも原動力。

 

けれど、□さんが素直に耳を傾けられるのは、

結果を出している相手だけ。

 

尊敬できない人からのアドバイスは

やっぱりイライラさせるだけ。 

だから、問われるのはパパやママの姿。

 

 

 

さてさて。

それじゃあ、△の子はどうか。 

 

いつも未来を見つめている△さん。

だから、終わったことに興味なし。

 

くどくど長い説教はテンション下げるし、

そもそも耳に入っちゃいないし(笑)

 

だから、明るい未来を語りたい。

終わったことは仕方がない!

ほめて、おだてて、テンションアップ。

 

 

意図した通りには育たない。

けれど、この子は咲く子だよ。

なんにも心配いらないよ。 

 

子どもとつながる魔法の質問

どんなところが花マルですか?

 

STR×魔法の質問 プレゼントワークブックPDF

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。