育てにくいと感じる子 〜相性の良さの悪さ〜

家族のトリセツ

いろんなご家族の話を聞きます。

話を聞けば聞くほど、僕の経験値が上がっていく。

そんな実感があります。

 

 

よく「育てにくい子」という相談を受けるんですね。 

多くの場合、上図のような関係性だったりします。

 

 

次男くんは夫から見て「夫婦」。

お母さんから見て「友達」。

 

 

ご夫婦にとって共感や理解のしやすい子です。

「夫」「妻」「次男」で織りなす三角形が非常に相性の良い関係であることは一目瞭然です。

 

 

一方、長男くんはどうでしょうか。

決して相性が悪いわけではありません。

どこにでもある、ごくごく普通の関係性です。

 

 

ところが、次男くんとの相性が良いため、長男くんとの相性が「悪く見えてしまう」なんてことがあるわけです。

 

 

弟に比べて兄が育てにくく見えてしまう。

これはもう、比較の問題なのですが。

 

 

僕らの感性は、いつだって相対評価。

比較することになれていますから仕方がありません。

 

 

 

実は、その子が「育てにくい」のではなく、

他の兄弟が「育てやすい」ために起きている。

そんなこともあるわけです。

 

 

以前、個人セッションをしたご家庭では、お母さんから見て長男くんは「他人」、次男くんは「夫婦」の相性でした。

ところが、旦那様から見ると、両方とも普通の相性です。

 

 

 

それで何が起こったか。

 

 

お母さんは長男くんに育てにくさを感じていました。

なかなか思いが伝わらないと言うのです。

 

 

それを旦那様に相談しました。

ところが、旦那様はこう答えるのです。

 

 

「えっ?

 2人とも同じだよ」

 

 

お母さんは腹が立ちました。

自分はこんなに苦しんでいるのに、旦那は何も感じてないんだ!と。

 

 

その誤解は、図解をすることで解けていきました。

 

 

相性の良さが、他の相性を悪く見せてしまう。

そんなこともあるようです。

 

 

また、一方の相性が良い場合、そうでない子どもが疎外感を感じてしまうこともあります。

この図で言えば、「お父さんはいつも弟を可愛がる!」と長男くんに感じさせてしまうのです。

 

 

僕らは人間ですから、可愛げのある方を可愛がるのは仕方のないことかもしれません。

しかし、そこを意識しないと、相性が良いゆえに傷つけてしまう、なんてこともあるわけです。

 

 

人間関係を紐解くと、見えないものが見えてきます。

 

続きはこちら

 

 

子どもとつながる魔法の質問

育てにくいと感じさせるのはどんなところですか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。