循環させる 〜STRで読み解く家族の関係図〜


お母さんは長男くんのことに悩んでいました。

いえ、長男くんに対する旦那さんの関わり方に悩んでいました。

 

 

お父さんの適応値P50

長男くんの適応値D17

その差、67

 

 

お父さんは厳しくしたつもりはないのに…。

長男くんのことをお母さんは不憫に思いました。

 

 

そこで、お母さんは旦那さんにSTR(素質適応理論)の話を伝えます。

 

 

でも、これがなかなか伝わらない。

適応値差50

相性は「他人」

これでは無理もありません。

 

 

そこで、エネルギーを循環させることを考えました。

まず、長女と次女にお母さんの思いを伝えます。

 

 

STRの話、家族の話。

◯らしく丁寧に丁寧に伝えました。

 

 

適応値の差こそあれ、娘たち二人は「夫婦」です。

お母さんの意を十分に汲んでくれました。

 

 

長女は◯4らしいやり方で。

次女は□1らしいやり方で。

上手にお父さんをフォローしてくれたのです。

 

 

ふたりは適応値も近く、

効果的なアプローチが期待できました。

 

 

すると、どうでしょう。

お父さんの態度に変容が見られたのだそうです。

 

 

いつもなら、怒ってばかりのお父さん。

そんなお父さんが笑顔で長男くんに関わってくれたのだそう。

 

 

優しいパパの姿がありました。

 

 

一体、何が起こったのでしょうか。

 

 

僕は◯4の長女の在り方にあったと思っています。

ここからはプライベートなお話なので割愛いたしますが、

彼女の存在が大きかったように思いました。

 

 

脳を緑に

 

僕らは心が満たされないと、イライラします。

そして、そのイライラのまま、怒りをぶつけます。

怒りでなくとも、イライラの気持ちは伝わるものです。

 

 

これが、子育てを難しくし、親子の関係を壊していきます。

 

 

実は、お父さんの行動が変わったのではありません。

娘さん二人の優しさが、お父さんの心を満たしたのだと思います。

そして、巡り巡ってお父さん自身が優しく変容できたのだと感じました。

 

 

私たちの脳は、互いに見えないエネルギーを発し、影響しあって暮らしています。

お母さんが怒りのまま旦那さんに「あなたの子育ては間違っている!」とやれば、そりゃ戦争が起きますよね。

 

 

いかにして、その「目に見えないエネルギー」を回すか。

つまりは「循環させるか」なのですね。

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。