【新刊】「集められる」は武器になる。〜公務員を辞めて、自由に生きる〜


 

僕は2年前まで、
公立中学校の「学校の先生」でした。

 
定刻通りの電車に揺られ、
いつもと同じ風景を車窓から眺めていました。 
  

吐き出されるように駅のホームに降り立ち、
いつもと同じ道を歩く。


いつもと同じ朝が来て、
いつもと同じ1日が始まる。


チャイムで始まり、
チャイムで終わる。


年度計画と月の行事予定に従い、
粛々と業務を進めていきました。


あっちに困っている子どもがいれば、
行って手を差し伸べ。


こっちに怒り狂った保護者がいれば、
行ってひたすら頭を下げる。


日々の暮らしに困るほど、
お金には困らなかったけれど。


人生を大きく転換するほどの、
大きな収入は見込めず。


決められたランチメニューを食べ、
煮詰まったコーヒーを啜る。


気がつけば太陽は沈み、
昨日と同じ今日が終わる。


酒場で愚痴をこぼし、
ネットのニュースに毒づく。


それが当たり前の日常でした。


僕の人生が変わったのは、
間違いなく上海で暮らしたこと。


日本の常識はことごとく
ひっくり返されました。


赴任した年に反日デモ。
それから、鳥インフルエンザ。
そして、PM2.5。

 

平凡な毎日は
突然刺激的な毎日に変わりました。
 
 
その後の急激な円安。
 
 
外貨で振り込まれる給料は、
毎月のように減っていきました。
 
 
このとき初めて
通貨の価値が変わることを実感しました。
 
 
僕らの存在価値もまた、
日々刻々と変化しています。
 
 
今ある仕事も、
今ある会社も、
10年後には存在しないかもしれません。
 
 
僕らがこれまで信じてきた
「常識」や「当たり前」。
それらは全部幻想なのかもしれません。
 
  
だから、
僕は人生を切り拓くため、
いろんな人に出会いました。
 
 
そして、
たくさんのことを学びました。
 
 
「教育」の世界から一歩踏み出すと、
そこは「未知」が広がっていたのです。
 
 
こんな生き方があるのか。
こんな働き方があるのか。
 
 
僕の「常識」は瓦解し、
新しい生き方を模索し始めました。

  
 
「学校の先生」を退職して2年。
人生がようやく面白くなってきました。
 
 
やりたいことを形にする力。
お金を生み出す力。

 

それは決して「特別な人間」の
「特別な能力」ではありません。

 

「普通の人」が自由を手に入れる力。
それが「集める力」です。 

 

 
まだまだ道半ばだけれど、
人生は確かに面白くなってきました。
  
 
「これまでの生き方」と、
「これからの生き方」。


  
 
「お金」に縛られず。

「時間」に縛られず。

「場所」に縛られず。

 

 

僕らはみんな「自由」に生きられるのです。

『集められる』は武器になります。

 

もくじ

第1章 40歳が辞表を出すベストタイミング

・「校長の給料明細」で人生の最高到達点を知る。

・80%の人が死ぬときに後悔すること

・終身雇用の崩壊に対応できる世代、非対応世代

・その仕事、10年先もありますか?

 

 

第2章「他人の力」で自分をアップグレードする。

・「器用貧乏」最強説

・必要とされる「普通の人」を目指す

・プロダクトの作り方

・なぜ「満員御礼」を生み出せるのか。

 

 

第3章 「集める」だけで仕事になる。

・「SEMG(才能・エネルギー・お金・ご縁)」を集める

・3Cの法則(contact→ contribution→connect)

・ご縁は数珠つなぎ

・いつだって目の前の人を幸せにする

 

 

第4章 「集められる私」になる。〜マインド編〜

・「三方よし」の提案

・利益を受け取る最後の一人になる

・今あるものに目を向ける

・すべては「演出」

 

 

第5章 「集められる私」になる。〜実践編〜

・完全招待制イベントをやってみよう。

・「満員御礼」を作ろう。

・コミュニティーに属そう。

・コミュニティーを作ろう。

 

 

著者プロフィール

名古屋市立の中学校で11年間、中学校の教員として働いたのち、文部科学省派遣教員として、上海日本人学校に赴任。3年間の任期を終え、帰国後再び中学校現場で働き独立。

 

ブログやメールマガジンの配信をきっかけに、北は北海道から南は沖縄まで、全国で子育て講座や講演会を行うことに。全国で活動できるのは、主催者の力であり、「主催者は神」と言っている。

 

2017年には、思春期の子どもの自死が最も多い日が9月1日であることを知り、県内8会場映画上映ツアーを開催。資金をクラウドファンディングで集め、スタッフをSNSで集める。のべ1000人以上を動員する。

 

また、2018年には、デザイナーや書家を巻き込み、「子どもとつながるしつもんカレンダー」を製作し販売。初版を1ヶ月で売り切る。

 

2018年には総勢60名のプロジェクトチームを作り、『子育て万博2018』を主催。300人ほどを集める。『子育て万博2019』では、ミュージシャンやデザイナーの力も借りて、公式テーマソングも製作した。

 

12時間でソールドアウトした1DAYセミナー『lifestyle2.0』をはじめ、主催するイベントはことごとく満員御礼を生み出すマーケッターでもある。

 

夫婦で主宰するお母さんのための学び場『precious & passion』は、60名ほどのコミュニティーとなっている。

 

エイプリルフールの日に書いたブログ記事からご縁が生まれ、「『集められる』は武器になる」が出版される。

 

【著書】

「『集められる』は武器になる」
 (くれば社)

「この子はきっと咲く子だよ
  〜イジワルな天使が教えてくれたママが幸せになる19のことば〜」
 (おくれ文庫)

「子どもとつながる問いかけの魔法」
 (クレア出版)

 

 

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。