子どもの兄弟ゲンカが気になります。


兄弟げんかに、

姉妹げんか。

 

 

気になるお母さんって多いみたい。

よく相談されますよ。

 

 

兄弟げんかについて。

本当によく相談されます。

 

 

今回のご相談は、

「△2金」同士のご兄弟。

相性は「友だち」。

 

 

 

まあ、ケンカするほど仲が良いって言うじゃない?

「友だち」だからさ、接点が多くなる。

だから、ぶつかることもあるよね。

それで、兄弟げんかになっちゃうのね。

 

 

 

でも、いいの。

「△」同士だもん。

すぐ、治まるでしょ?

んで、ケロってしてるでしょ?

 

 

仲直りするのも早いと思うの。

だって、「友だち」だし、「△」だし。

 

 

兄弟げんか、するのよ。

するんだけど、仲直りもするのよ。

 

 

 

それでいいの。

それでいいじゃない?

 

 

 

でも、ママは気になるんだなぁ。

だって、子どもたちとの相性は「夫婦」だから。

 

 

ケンカしている子どもたちの気持ち、

両方とも察しちゃうの。

だから、兄弟げんかが辛いわけ。

 

 

愛する人が二人いて、

そんな二人が

ケンカをしている姿を見る。

 

 

辛いわよね。

相性が「夫婦」だからさ。

そういう意味では、「夫婦」が必ずしも「良い」とは限らないの。

 

 

相性占いって、「良い」とか「悪い」とかジャッジしがち。

でもね、「相性」に「良い」も「悪い」もないのよ。

 

 

大切なのはさ、その「相性」の中で、どう生きるかってことね。

 

 

STRスコアで言えばさ、人間は1200タイプに分けられるのね。

だから、4人家族なら

1200×1200×1200×1200通りあるわけね。

それに、人間関係は6本の線が引けて、それぞれが10通りあるの。

で、適応値がみんな違うわけでしょ?

 

 

家族って、ホントいろいろよ。

いろんな家族がいるの。

 

 

兄弟げんか、あるわよ。

兄弟げんか、するわよ。

 

 

それでいいの。

だって、人間だもの。

 

 

大切なのは、その後よね。

仲直りしてるなら、それでいいじゃない?

 

 

兄弟げんかに悩んでいるのは誰ですか?

そう!

あなたです。

 

 

ケンカしている当人たちが悩んでいないならさ、

その悩みを抱えている自分に気がついた方がいいよね。

 

 

大丈夫よ。

△同士のケンカなんて、

ほっときなさいな。

 

 

家族のトリセツについて

 

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。