子どもはお母さんを幸せにするために生まれてくる♬


「雨」の夫と「灯」の妻。

降り続く雨は、

灯火を消してしまうかもしれません。

 

 

まして、

適応値の差、62

妻から見れば豪雨です。

 

 

そんなご夫婦に生まれた我が子。

「樹」の人です。

 

 

降り続く雨。

樹木は木陰を作ります。

雨宿りができるのですね。

 

 

母の火を消さぬよう、

雨宿りさせてくれる大きな樹。

 

 

適応値は父と母のど真ん中。

P11はどちらから見てもその差31

 

 

これまでたくさんの家族を見てきました。

家族って美しいの。

 

 

独特のバランスがある。

ご夫婦だけの家族だったら、

この美しさって出ないな。

 

 

真ん中に子どもが入って、

美しく完成している。

 

 

子どもは「先生」で、

お母さんは「生徒」。

 

 

だから、

お母さんは我が子に尋ねる。

 

 

「お母さんも、

 あなたみたいに生きたいな」

 

 

そしたら、

彼女がこうつぶやく。

 

 

「お母さんも、

 好きなことしたらいいんだよ」

 

 

お母さんは、

子どもから学んでいるわけだ。

 

 

僕らは子どもを育てているようで、

実は子どもに育てられている。

 

 

子どもが生まれると、

いろんなお試しごとがやってくる。

 

 

それを乗り越えるたび、

僕らはまた親として成長する。

 

 

この子が、

僕ら夫婦を選んで生まれてきた意味を

考えてみる。

 

 

 

この家族を選んで生まれてきた意味を

考えてみる。

 

 

あなたのいない僕らは想像などできない。

生きてるだけで感謝だよ。

 

 

世界で最も小さいコミュニティー。

それはかけがえのないつながり。

 

 

子どもとつながる魔法の質問

この子はどんな存在ですか?

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。