子どもはお母さんを幸せにするために生まれてくる♬


「雨」の夫と「灯」の妻。

降り続く雨は、

灯火を消してしまうかもしれません。

 

 

まして、

適応値の差、62

妻から見れば豪雨です。

 

 

そんなご夫婦に生まれた我が子。

「樹」の人です。

 

 

降り続く雨。

樹木は木陰を作ります。

雨宿りができるのですね。

 

 

母の火を消さぬよう、

雨宿りさせてくれる大きな樹。

 

 

適応値は父と母のど真ん中。

P11はどちらから見てもその差31

 

 

これまでたくさんの家族を見てきました。

家族って美しいの。

 

 

独特のバランスがある。

ご夫婦だけの家族だったら、

この美しさって出ないな。

 

 

真ん中に子どもが入って、

美しく完成している。

 

 

子どもは「先生」で、

お母さんは「生徒」。

 

 

だから、

お母さんは我が子に尋ねる。

 

 

「お母さんも、

 あなたみたいに生きたいな」

 

 

そしたら、

彼女がこうつぶやく。

 

 

「お母さんも、

 好きなことしたらいいんだよ」

 

 

お母さんは、

子どもから学んでいるわけだ。

 

 

僕らは子どもを育てているようで、

実は子どもに育てられている。

 

 

子どもが生まれると、

いろんなお試しごとがやってくる。

 

 

それを乗り越えるたび、

僕らはまた親として成長する。

 

 

この子が、

僕ら夫婦を選んで生まれてきた意味を

考えてみる。

 

 

 

この家族を選んで生まれてきた意味を

考えてみる。

 

 

あなたのいない僕らは想像などできない。

生きてるだけで感謝だよ。

 

 

世界で最も小さいコミュニティー。

それはかけがえのないつながり。

 

 

子どもとつながる魔法の質問

この子はどんな存在ですか?

 

くればやし ひろあき

・株式会社ミナクル組織研究所 代表取締役

・フォロワー10万人の教育系TikTokクリエイター「くれちゃん先生」としても活躍中。人間関係や教育についての動画を配信

・1978年、愛知県生まれ。16年間公立中学校の教員として3,000人以上の子どもたちを指導。名古屋市内で最も荒れた中学校で生徒指導の責任者を務め、その後、文部科学省から上海に派遣され、当時世界最大の日本人学校であった上海日本人学校の生徒指導部長を務める。

・互いの「ものの見方や感じ方の違い」を理解し合うことで、他者に寛容な社会を実現したいと願うようになり、2017年独立。

・独立後は、教員時代の経験を活かし、全国の幼稚園や保育園、学校などで保護者向け講演や教職員研修を行う。2018年・2019年には、100人のボランティアスタッフを束ね『子育て万博』を主催。今年10月にパリコレクションのキッズ部門を日本に誘致して開催された『Japan Kids Fashion Week2021』において、全体計画及びキッズモデル・ボランティアスタッフ総勢150名のマネジメントを担当。

・2020年11月、「スタッフみんなが、明日も生き生きと来る!」を理念に、株式会社ミナクル組織研究所を設立。経営者、教職員、スポーツ指導者など、組織のトップや人を指導する立場の人たちから依頼を受け、人間関係づくりやチームづくりに関する講演や企業研修、教職員研修を行っている。経済産業省の事業再構築事業として人材分析システムを開発中。