夫のことが許せません! 〜夫婦の取扱説明書〜

妻のトリセツ

とても優しい旦那さんでした。

 

 

会社に到着するなり、

「今日の朝食、

 美味しかったよ〜♬」

とLINEが入ってきます。

 

 

妻が一人、

どこかに出かける。

 

 

そうなれば、

時刻表や経路などを

調べてくれます。

 

 

とにかく気遣いを欠かさず、

こまめにLINEをくれます。

 

 

聞けば聞くほど、

優しい旦那様♡

 

 

 

お惚気(ノロケ)話にしか

聞こえません。

 

 

 

 

しかし、です。

 

 

 

 

奥さんの顔は笑っていませんでした。

そんな旦那様が不満だと言うのです。

 

 

 

何にでも口を出してくる。

頼んでもいないのに、

手を出してくる。

 

 

 

過保護で過干渉な夫。

そう感じていました。

 

 

 

面白いものです。

 

 

 

このご夫婦の関係。

STR(素質適応理論)の相性で言えば、

「親子」

 

 

旦那様が「親」で、

奥様が「子」なのですね。

 

 

 

ですから、

旦那様は奥様が気になって仕方がない。

ついつい手を出し、口を出し。

 

 

 

それが奥様には、

なんとも不愉快だったのです。

 

 

 

まさに、

過保護な親と

それに反発する

思春期の子どもです。

 

 

 

「相性」とは「脳」の反応です。

目の前で起きる事実は同じでも、

脳の反応は違います。

 

 

 

話を聞いている限り、

僕ら「赤の他人」から見れば

素敵な旦那様。

 

 

 

「親子」の相性の奥様から見れば

過保護で過干渉な旦那様。

 

 

そんなこともあるのですね。

 

 

 

ですから、

夫婦の仲はギクシャクしていたのだそう。

 

 

 

それが今ではどうでしょう。

互いの持って生まれた素質を知る。

どうつきあうことがベストかを学ぶ。

 

 

すると、まず自分自身の

心のありようが変わりますね。

 

 

今では

「もっと愛し合える二人になれる」

と感じているのだそう。

 

 

何より娘さんが

パパのことを大好きになったんだって。

 

 

面白いものです。

 

 

 

ありようが変われば、

全体が丸くなる。

家庭がまさに円満になるのですね。

 

 

「出会ってから、

 今が一番いい!」

 

 

そんなこともおっしゃっていました。

家庭がハッピーであること。

これが何より子どもたちの心の栄養になります。

 

 

子どもたちの心にエネルギーチャージできる。

そんな家庭でありたいものですね。

 

 

 

家族の関係をプロファイリング

 

 

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。