お客様の声 〜STR入門講座を受講して〜


家族の取説をしてもらっていたので、なんとなくわかってはいたつもりでしたが、こんな時はどうする?がもっとより深く理解することができました。

今回はコミュニケーションの違い、適応値の違い、相性から、行動、対応、意識の違いまでを教えてもらって、何かぶつかる時があるのはどの関係性から生じているのかがわかりました。

起きている問題がどうしてなのか納得できれば、イライラしたり、なんで?って思うことも少なくなって、気持ちも楽になります。

相手を変えようではなく理解する
相手がわかれば、そのすべてが愛からだということに繋がって、愛を感じることができれば優しくなれるんだなと思いました。

お互いの脳がどう反応しているのかの違いを知る
相性もいい悪いではなく、人はそれぞれ違って当たり前なんだから、自分と相手の関係性がわかったら、それ生かして関わりあってお互いの心地よいところまでお互いが歩み寄る。
わかっただけじゃダメで、歩み寄る。


私は知ってる♡って言われるのが昔から嬉しくて
自分のことを受け入れてもらえてる安心感があるなと思っていて
だから昔から心理学とかメンタリズムとかに興味があって

このSTRはまさに相手を知る、自分を知ってもらえる。
お互いがわかってもらってるという安心感ができれば、関係性もよりよくなって、みんなの笑顔に繋がる。
私がずっと求めていた手段だなと思います。

家族の一番大切な柱の夫婦がお互いの役割を知り、夫婦感で得意分野を使って役割分担もできるれば、そこは愛溢れるあったかい場所になること間違いなしだ

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。