STR(素質適応理論)で発見!サッカーの名将のSTRスコアの特徴!





2017年、2018年シーズン2連覇を果たした川崎フロンターレ。

チームを率いるのは鬼木達監督(学 △1 金 ○4 P32)。







2016年まで川崎を率いた風間八宏監督(学 1 海 ○3 ○2 P17)から引き継ぎ、チームを2連覇に導いた。







偶然だろうか。

注目すべきは「□1」。







2013年、J2リーグを戦いJ1リーグに昇格したガンバ大阪。

チームを率いたのは長谷川健太監督(学 1 海 △3 △1 P2)。

現在はJ1首位を快走するFC東京を率いる名将である。







本質に□1を持つ長谷川監督は2014年シーズン、昇格1年目でJリーグ制覇を成し遂げてしまう。





2019年5月31日現在、Jリーグの順位は

1位 FC東京
   長谷川健太監督(学 1 海 △3 △1 P2)

2位 川崎フロンターレ
   鬼木達監督(学 △1 金 ○4 1 P32)

3位 名古屋グランパス
   風間八宏監督(学 1 海 ○3 ○2 P17)

上位3チームを率いる監督は、心か頭に「□1」を持っていることになる。

もはや、偶然ではない。

 



2012年、2013年、2015年とサンフレッチェ広島を優勝に導いた現日本代表監督の森保一監督のスコアは「尊 ○2 花 □1 1 P26」。




頭が「□1」である。

「□1」はメモ魔であり、試合中もメモを取り続けている。





さらに続けよう。




2016年、リオオリンピック予選。

チームを率いたのは手倉森監督(激 1 海 △2 ○1 P6)。

心に「□1」をもつ彼は、レギュラーメンバーを固定しないという独特の手法で5連勝。

決勝では韓国に0-2とリードを許しながら3-2と逆転し、オリンピックを決めている。







まだまだ、続く。







2014年ブラジルワールドカップで日本代表を率いたのは、アルベルト・ザッケローニ監督。

そのスコアは「夢 1 海 △4 △1 P3」。







選手としては日の目を見ることがなかった彼は、20歳を前に引退を余儀なくされる。

その後、指導者としての道を歩み始めた彼は、セリアAの監督を務めるまでの名将となり、2010年から日本代表を率いている。







ここまで来ると、もはや偶然とは思えない。







2012年ロンドンオリンピック。

U-23日本代表を44年ぶりにベスト4に導いた名将、関塚隆監督のSTRスコアは「夢 1 灯 1 1 D18」。

やはり、心に「□1」を持っている。







「□1」の監督は、時代を見通す洞察力に優れている。

時代時代のサッカーのトレンドを取り入れながら、論理的に考えチームを作る。







ハッキリとした自分を持ち、周囲の空気に流されたりしない。

ブレずに指導ができるのだろう。







「□1」は名将の資質を持っている。







最後に、未来の名将候補を4名リストアップしたい。







本田圭佑 奇 1 山 □2 □3 D8

稲本純一 和 1 山 △4 ○2 D24

川口能活 尊 1 雨 △4 □3 D1

森﨑和幸 夢 1 灯 □2 □3 D14

 




いずれも心に「□1」をもつ。

将来の日本代表を率いる監督かもしれない。




指導者の皆さん、

そろそろ自分のSTRスコアを知りたくなった頃だろう。

 

 

こちらのサイトで、無料診断が可能だ。

注目すべきは、「心」と「頭」の「□1」。

 

STRの無料診断

 



あなたは名将の資質をお持ちだろうか?

だが、「□1」がなくても心配しないでほしい。

 

 

STR(素質適応理論)は帝王学である。

「□1」でなくとも、あなたを名将に導くツールなのだ。

 

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。