ストライカーの素質〜STRで考えるゴールの嗅覚〜

サッカーとSTR

Jリーグにおける歴代得点王。

Jリーグ26年の歴史の中で、日本人ストライカーは8人。



Jリーグで初の得点王に輝いた日本人は福田正博選手(夢  3 D13)。

1995年シーズンのことである。

翌年、『キングカズ』こと三浦知良選手(堅  □1 ○2 0)が得点王に輝いた。




ともにSTRスコアは「△2」。

では、「△2」のストライカーを見ていこう。




2009年シーズンのJリーグ得点王、前田遼一選手のSTRスコアは「交  ○2 □2 P21」。





日本代表で16ゴール。

ドイツW杯、ブラジル戦でのゴールが今も記憶に残るストライカー、玉田圭司選手のSTRスコアは「交  ○2 1 P22」





やはり、「△2」である。





サッカー日本代表で歴代3位の50ゴールを記録するストライカー岡崎慎司選手。

長く欧州で活躍する日本の顔とも呼べるストライカーである。

そのSTRスコアは「  ○1 1 P52」。





というわけで、今度は「△1」のストライカーを見てみよう。




1998年、2000年と2度のJリーグ得点王。

ゴンゴールデおなじみ、中山雅史選手。

彼のSTRスコアは「交  □2 ○3 P3」

代表でも21ゴールと、記録にも記憶にも残るストライカーである。





代表17ゴール、2002年W杯、2006年W杯にも出場した柳沢敦選手も「△1」。

STRスコアは「  □4 □4 P43」である。




次に「△4」のストライカーを見てみよう。



Jリーグ2012年の得点王、佐藤寿人選手のSTRスコアは「我  □2 ○1 D10」。

Jリーグ2017年の得点王、小林悠選手のSTRスコアは「激  2 D38」。

 



Jリーグ歴代日本人得点王8人のうち、6人が「△タイプ」である。

(あとの2人、大久保選手と高原選手は□タイプ)



では、最後に「△3」のストライカーも紹介しよう。

 



大分トリニータのエース、藤本憲明選手。

なんと4年前まではアマチュアでプレーし、2019年はJ1リーグで得点王争いをしているストライカーである。



JFLの佐川印刷SC(現・SP京都FC)から2016年にJ3の鹿児島ユナイテッドに移籍。

J3リーグで2年連続得点王となり、大分トリニータへ。

J2で12ゴールを記録し、J1昇格へ大きく貢献した選手である。

そのSTRスコアは「  □2 4 P8」。

 



どうやら「△タイプ」にはストライカーの素質がありそうである。

あなたのチームには「△タイプ」の選手はいるだろうか。

 

 

最前線にポジションを移すと、思わぬ覚醒を見せるかもしれない。

輝かしい未来のためにゴールを狙い続ける「△タイプ」のストライカー。

チームの得点源に成長する可能性のある選手である。



GK編はこちら

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。