大成するGKは失敗を恐れない〜STR(素質適応理論)で読み解くサッカー指導

ゴールキーパーの素質

GKはミスが許されないポジションです。

どれだけファインセーブをしても、一つのミスで叩かれる、そんなポジションです。

 

 

その点、どれだけミスをしても、ゴールさえ決めればヒーローになれるFWとは異なります。

 

FWの適正についてはこちら

 

地道な練習を繰り返し、その一瞬に備えます。

また、最後尾からDFラインを統率していきます。

 

 

「最後尾から支える」 

「リスクを考え準備する」

 

 

そんな役割を考えると、STRスコアでイメージするところの「2番タイプ」「4番タイプ」が似合いそうです。

果たしてそうでしょうか?

 

 

では、日本を代表するGKたちのSTRスコアを見ていきましょう。

 

 

先ごろ引退をしたゴールキーパー川口能活選手のSTRスコアは「尊 □1 雨 △4 □3 D1」。

日本代表での出場は116試合とすべてのGKの中で最多となる守護神です。

 

 

川口選手がゴールマウスを守るまで日本代表の守護神は松永成立選手でした。

あの『ドーハの悲劇』での失点シーンは今も目に焼き付いています。

 

 

松永選手のSTRスコアも「激 □1 海 □3 □4 P11」と同じく「□1」です。

浦和レッズの守護神、西川周作選手も「激 □1 雨 △1 △3 P36」だったりします。

 

 

同じ「1番タイプ」としては、長く鹿島アントラーズのゴールを守り続けてきた曽ヶ端順選手がいます。

彼のSTRスコアは「奇 ○1 金 ○2 ○2 P38」です。

 

 

川口能活選手と時を同じくして引退したゴールキーパーといえば、楢崎正剛選手。

2010年に名古屋グランパスをJリーグ初制覇に導き、GKとして初めて年間最優秀選手に選ばれました。

 

 

そんな楢崎選手のSTRスコアは「激 □3 灯 ○2 ○2 P2」と「□3」です。

同じく「□3」のゴールキーパーとしては、ベガルタ仙台で活躍し日本代表にも選ばれているシュミット・ダニエル選手も「我 □3 地 ○4 ○3 P15」なのです。

 

 

楢崎選手と川口選手が日本代表を退いた後、日本のゴールマウスを守るようになったのは川島永嗣選手。

そのSTRスコアは「奇 ○3 灯 □4 □1 D10」。

今度は「◯3」です。

 

 

実は「◯3」のゴールキーパーは多くいます。

長くFC東京の守護神として活躍し、現在はポルトガルのポルティモネンセSCで活躍する権田修一選手。

彼のSTRスコアは「和 ○3 海 □4 △1 P30」。

 

 

また、ガンバ大阪のゴールキーパー、東口順昭選手のSTRスコアは「和 ○3 陽 △2 □3 P55」。

こちらも「◯3」です。

 

 

このように見てきますと、ゴールキーパーは「1番タイプ」「3番タイプ」に集中しています。

彼らは失敗を恐れない期待型のタイプなのです。

 

 

失点にクヨクヨすることなく、未来を見据える。

「大丈夫!なんとかなるさ!」

そんな風に切り替えて、ゴールを守るメンタリティーの持ち主なのですね。

 

 

 

そんなタイプがゴールキーパーには合っているのかもしれません。

ただし、「△」のゴールキーパーはおりません。

 

 

ムラの多い選手にゴールを守らせるのは危険ですので。

ぜひ参考にされてください。

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。