子どもが「ママ嫌い!」「パパ嫌い!」って言ったら。

STR(素質適応理論)

子どもが

「ママ嫌い!」

って言ったらショックだよね。

 

 

そんなとき、

あなたは何て声をかける?

 

 

0歳児の長女ちゃん。

赤ちゃんだもの、

可愛いよね。

 

 

みんなに可愛がられる。

自然と注目を集める。

 

 

長男くんは2歳。

まだまだ甘えたい盛りだけど、

お母さんはどうしても妹に取られてしまう。

 

 

お母さんは長男くんのことが気になっていました。

でも、なかなか長男くんのことまで手が回りません。

 

 

お母さんには心の余裕がありませんでした。

そんなときに限って、長男くんが言うのです。

 

 

「ママ嫌い!」って。

 

 

イライラしているうえに、

「ママ嫌い!」のキツい一言。

 

 

それで、お母さんは言いました。

 

 

「なら、いいよ」って。

 

 

そして、妹の方に行ってしまう。

そんなことがあったのだそう。

 

 

だから、僕は伝えました。

子どもがもし「ママ嫌い!」と言ったら。

 

 

「それでもママは、

 あなたのことが大好きだよ」

 

 

たった一言でいいのです。

この一言でいいのです。

 

 

だって、真実でしょう?

 

 

子どもがたとえあなたのことが嫌いでも、

あなたは目の前の子どもを愛している。

それに変わりはないはずです。

 

 

愛されているから

愛しているわけではない。

 

 

親から子への愛情は、

ギブ&テイクではないのですから。

子どもと接するときは、

いつだって真実と向き合っていたい。

 

 

「ママ嫌い!」

   と言われたら、

 

「それでもママは、

 あなたのことが大好きだよ」

  でいいのです。

 

 

けれど、

それだって心の余裕がなければ

伝えることができません。

 

 

だから、

旦那さんに伝えましょ♬

 

 

お母さんにだって「休日」が必要ですよ。

 

 

お母さんは24時間営業。

365日年中無休ですから。

 

 

ひとたび家を出れば「お父さん」をお休みできる男性とは、

そこが違います。

 

 

お母さんは、ず〜っとお母さんなのです。

 

 

だから、

お母さんにはお休みが必要

なんです。

 

 

まして、

旦那さんは「◯4」の旦那さん。

あなたを助けてくれる存在です。

 

 

 

それから、

行政にはいろんな支援もあります。

それらも活用しましょう。

 

 

「子どもを預ける」ということに

罪悪感を感じるママはたくさんいます。

 

 

でもね、忘れないでください。

 

 

人間は一人では子育てができないように

神様にデザインされた生き物です。

 

 

 

「助けてもらう」が「普通」なのです。

まして、お母さんは「△1」。

ご機嫌でいることが何より大事。

 

 

子どもを預けることに罪悪感?

ちょっと待って!

 

 

お母さんが不機嫌でいることの方が

罪ですから!!

 

 

ママがご機嫌でいること。

 

「ママなんて嫌い!」には、

「それでもママはあなたのことが大好きよ!」

と言えるぐらいご機嫌でいてほしいと思います。

 

 

だって、

それが子どもたちの願いなのですから。

 

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。