読書感想文講座で感じた□の子との接し方

読書感想文

子どもたちに読書感想文の書き方を教えていたときのことです。

ある女の子が書けないで涙を流していました。

 

 

お母さんはひたすら声をかけ続けました。

それはもちろん愛から始まるのだけれど。

僕は違和感を感じました。

 

 

この日の読書感想文ワークショップ。

低学年のお子さんには保護者同伴をお願いしました。

 

 

でも、正直に言えば、それは僕の自信のなさの表れでした。

本当は保護者などいなくとも、子どもたちは書けるのです。

 

 

僕はお母さんからこの子の生年月日を伺いました。

この女の子は適応値の低い□の子でした。

 

 

僕はお願いをしました。

「お母さん、少しだけ黙って見守っていてください」と。

 

 

そして、「本人が助けを求めたときだけ、手をかけてあげてください」と。

 

 

また、彼女には「あなたは自分の力でできる子だから」と伝えました。

そして、できていることを事細かに褒めました。

褒めたというか「国語の先生」らしく評価しました。

 

 

すると、どうでしょう。

しばらくして彼女は1人で書き上げてしまったのです。

前半は動きが鈍かったのですが、後半から猛烈な追い上げを見せました。

 

 

 

 

別の男の子は、「完成したよ〜」と持ってきてくれました。

そのあとおしゃべりしていたのですが、会話は完全に□の子。

 

 

その後、お母さんとおしゃべりしました。

子どもとあえて離れていたお母さん。

「こんな風に1人で書き上げててびっくりしました」とおっしゃっていました。

 

 

それはとても健全な姿です。

「求められたことを求められた分だけ届ける」

□の子に対する子育てはこれでいいのです。

 

 

次にもし読書感想文のワークショップをやるとしたら。

保護者は退室していただきましょう。

そのかわりサポートスタッフを入れたいな。

 

 

お母さんたち、声をかけたくなるもんね。

その時間、お茶してもらってた方が互いにとってハッピーだと思うな。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。