パワフル先生とデリケート先生はどちらが優位か。


デリケートな先生が学級を指導をしやすいのか。

それとも、パワフルな先生の方が学級を指導をしやすいのか。

 

 

これはよく質問される内容です。

 

 

パワフルの方が良くて、デリケートの方が悪い。

そう勘違いされることが多くあります。

 

 

陰陽の思想に「良い」も「悪い」もありません。

「陰」と「陽」は裏表。

巡るものなのです。

 

 

パワフルならばパワフルさを、デリケートならばデリケートさを、うまく使えば良いのです。

「生かす」が大事なのですね。

 

 

僕はパワフルな先生です。

ですから、一声大きな声を出せば全員が黙る。

そんな先生でした。

 

 

僕はそれを「カリスマ性」と勘違いしていました。

僕は「すごい先生だぞ!」と誤認していたのです。

 

 

そんなものは教育技術でもなんでもありません。

ただ適応値が高いだけなのです。

 

 

一見「カリスマ」に見える高い適応値の先生が、その学校を去った結果、児童生徒が爆発することがよくあります。

 

 

素晴らしいカリスマが去ったわけではなく。高い適応値に抑圧されていた子どもたちが破裂しただけ、とも考えられるわけです。

 

 

蓋取ったら、発酵した漬物が爆発した感じだな。

 

 

何がカリスマだと。

笑わせるな、でございます。

 

 

一方、デリケートな先生は教室の前でドカンと大きな声を出しても、子どもたちは屁とも思わない。

そんなこともあると思うのです。

 

 

でもね、あなたに救われる子どももいるのです。

そのことを忘れないでください。

 

 

高い適応値のカリスマ先生には気がつけなかった子どもたちの痛みがデリケートで繊細な先生には気がつくことができるのですね。

 

 

適応値が高い先生は、その高い適応値を武器にすればいい。

適応値が低い先生は、その低い適応値を武器にすればいい。

それだけのことなのです。

 

 

「あの先生みたいになるのが夢です」

と言っていた若い先生がいました。

 

 

残念ながら、あなたは「あの先生みたい」にはなれません。

なぜなら、「あなたはあなた」だからです。

 

 

無い物ねだりをしても意味がありません。

あなたはあなたの感性を目指し、あなたを生かしてこのクラスを最高の状態に導けばいい。

 

 

そういうことだと思うのです。

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。