今、自分の学級で起きていることを把握するために、どの児童生徒に声をかければ良いか。

しつもん力研修2019

2019年夏。

名古屋、札幌、岡山で先生向けに講座をした。

 

 

「STR(素質適応理論)」と「学校の先生」。

この組み合わせは最高に相性が良い。

 

 

学級担任は教室をマネージメントしている。

40人の子どもたちと1人の大人。

コントロールしていたのは、一昔前の「学校の先生」である。

 

 

今の時代、そんなことをしていては回っていかない。

40人の船員とともに旅に出るイメージ。

適材適所。

丁寧にマネージメントしていく必要がある。

 

 

たとえば、クラスで今、何が起きているかを知りたければ、4番タイプに声をかけてみる。

 

 

この子たちは広い視野で持って教室全体を見渡している。

座席はできれば、最後尾か壁際。

全体を見渡せる席がいい。

 

 

適応値が低ければ、さらに良いかもしれない。

他者の気持ちをキャッチするアンテナが高いからだ。

 

 

目立たない子ほど、感性が高い。

そんな意識を持つといい。

 

 

あとは「◯タイプ」「□タイプ」「△サイプ」で声のかけ方も変わる。

見えてるものも変わる。

 

 

あなたが必要としている情報はどのタイプが持っているだろうか。

ここは教師の感性である。

 

 

 

適応値の高い先生は、クラスで起きている問題をキャッチするのがどうしても遅れる。

 

 

僕もいろんな先生から「ちょっとくればやし先生のクラスの〇〇くんが気になるんだけど…」と言われた。

(そんなことないのにな…)と思うのだけど、念のため話を聞く。

 

 

すると、生徒が鬱積した思いを吐露してくれる。

そんなことが幾度となくあった。

 

 

僕の感性の足りない部分は他の先生の感性が補ってくれた。

パーフェクトな教師を目指す必要はない。

足りなければ補い合う。

 

 

それが仲間である。

チームとはそういうものである。

 

 

僕には僕の、他の先生には他の先生の役割があるように。

子どもたちにもそれぞれの役割がある。

STR(素質適応理論)は、その適性を知るためのツールである。

 

 

だが、間違えてはならない。

 

 

これはあくまでもツールである。

鵜呑みにするようなものではない。

 

 

このツールを利用しつつ、いかにして学級を動かすか。

そこは経験によるところが大きい。

 

 

新卒の先生がSTRに出会い、児童生徒のことを「わかったつもり」になるのは、いかがなものか。

これは僕らの教師としての経験の「答え合わせ」にするぐらいがちょうどいいのである。

 

 

言ってみれば、「先生としての感性」は正しかったかを確かめるツールであり、自分が気づいていなかった児童生徒の特性に気づくツールである。

 

 

だから、30代・40代の先生が学ぶと、なお面白いのである。

 

 

「STR(素質適応理論)」と「学校の先生」。

この組み合わせは非常に面白い。

 

 

学級をいかにしてマネージメントするか。

もう先生がジタバタする時代は終わっている。

1人のカリスマが教室をコントロールするのは時代遅れである。

 

 

教師自身が「自分」を知り、児童生徒を理解し、教室をマネージメントしていく。

そんな経営者として感覚が必要である。

  

 

くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。