【夫婦の課題解決学習】STR的プレゼント論〜いらないものはいらない〜


プレゼントって難しいよね。

□はさ、いらないものはいらない。

欲しいものを聞いてほしいの。

 

 

ところが、◯の女性は「あなたがくれるものならなんだってうれしい!」とか言っちゃう。

気持ちがこもっていたら、なおうれしい。

 

 

でも、その感覚が□にはわからない。

だって、ほしくないものをもらってもうれしくないじゃん!って考えちゃう。

 

 

こういう感覚的なズレ、まーすれ違いってやつ、あるよね。

 

 

△の旦那さんが□の奥様に誕生日プレゼントを用意したんだって。

しかも、サプライズ!

でも、□にサプライズはいらんのよね。

 

 

しかもプレゼントが「炭酸ソーダ」を作る機械だったんだソーダ。

奥様ね、心の中で(いらないな…)って思ったのだソーダ。

 

 

コンビニで炭酸水買うよりコスパがいい。

そんな情報に少し心惹かれた□妻だけど。

 

 

やっぱ、いらないものはいらない

 

 

あるよね、こういうこと。

 

 

この前もね、□の奥様に◯の旦那様がストールをプレゼントしたのね。

「わあ、そのストール、かわいいじゃん!」って言ったら、ちょっと不服そう。

 

 

「どうしたの?」と尋ねたら、「欲しかった色と違う!」ってね。

「色ぐらい選ばせてよ」なのである。

 

 

そうなのよ。

□の人はね、いらないものはいらないの。

欲しいものが欲しいの。

 

 

現金でいただくか、アマゾンをポチっとしておくから支払いだけしてほしい。

プレゼントは、こちらの希望を聞いてほしいのよね。

 

 

まあ、でも、プレゼントをくれるだけマシよ。

別の◯の奥様がこう嘆いていたわ。

 

 

「ウチはコスパを考えて、プレゼントすらくれない…」

 

 

お〜い!□の旦那さん、それはダメだ。

妻は◯でしょ?

気持ちを込めてプレゼントを送らなきゃ。

 

 

自分がどれだけ妻のことを愛しているか、その思いのたけをプレゼントに込めてほしい。

まあ…□の夫には無理だな。

 

 

 

だって、俺、無理だもん(笑)

  

 

 

 

一方、こんなお話も。

 

 

△さんは高級なものが大好き。

けれど、「自分が好きだから、相手も好き」とは限らない。

 

 

□の旦那様にゴディバのチョコレート、あげたんだって。

そしたらね、旦那さんが一言。

「なんだ、チョコレートか…」って。

 

 

△の奥様、テンション下げるよね。

そこは派手に喜んだ方がいいですぜ、旦那!

 

 

 

でも、忘れないでほしい。

 

 

□にとっては、グリコもゴディバも、結局チョコやねん!

カカオ溶かして固めた食べ物であることは変わらんのだよ。

 

 

 

□はさ、いらないものはいらないの。

欲しいものを聞いてほしいの。

 

 

最悪、使える物でお願いします。

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。