窪田正孝さんと水川あさみさんの結婚から考えるパートナーシップ


窪田正孝さんと水川あさみさんがご結婚されたんだそうな。

お互い「激」の宿命をもつ。

情熱的なふたり♡

 

 

窪田正孝さん 「激 □1雨 ○4 ○1 P53」

水川あさみさん 「激 ○3雨 ○4 □2 P20」

 

 

宿命とは生き方、そして人生の流れ。

同じ流れの中を生きるのは、夫婦として生きやすいかもしれない。

 

 

 

相性は「友達」。

これもまたいい。

 

 

運気的にも来年急上昇する。

相性「友達」のふたりは、運気が同じ動きをする。

まして、宿命まで一緒なのだから、辛苦を共にすることになる。

 

 

いわば、人生に追い風が吹くときは、共に追い風を背にする。

人生に向かい風が吹くときは、共に向かい風に立ち向かう。

 

 

これぞ、伴侶。

夫婦とはそういうものである。

 

 

「宿命が同じ」と言えば、蒼井優さんと山里亮太さん。

ふたりの宿命は「義」である。

 

 

蒼井優 「義 □1山 □4 ○1 D4」

山里亮太 「義 ○1金 ○4 △4 P31」

 

 

「□1」は□のクセに、競うことを好まない。

「わたしだけ」を好むところがある。

 

 

他の女性にはわからないだろうけれど。

わたしだけがこの人の魅力を知っている。

 

 

山ちゃんという稀有な才能に惚れ込んだのかもしれない。

 

 

たとえば、こんなご夫婦がいる。

 

 

劇団ひとり 「学 △1鉄 ○4 ○1 P30」

大沢あかね 「尊 □1灯 △3 ○4 P10」

 

 

大沢あかねさんも「□1」。

「学 △1鉄」というまさに才能の塊のような劇団ひとりさん。

劇団ひとりさんという稀有な才能に惚れ込んだのかもしれない。

 

 

そのような視点で見ると、彼女もまた「□1」の女性である。

 

 

ベッキー「尊 □1地 □4 △1 D27」

 

 

「ゲスの極み乙女」の川谷絵音さんもまた、才能の塊のような人だ。

 

 

川谷絵音 「我 ○4海 △2 ○4 P23」

 

 

ただし、ふたりの相性は「他人」。

尊敬はできるけれど、わかり合うのに時間のかかるふたり。

しかも、適応値が離れすぎていたのだ。

 

 

運気的には、最高のときであった。

がゆえに、あのようなLINEが拡散されてしまったのだろう。

 

 

陽極まれば陰。

追い風のときほど、身を引き締めたい。

 

 

そんなベッキーさんを射止めたのは、元プロ野球選手の片岡治大さん。

 

 

片岡治大 「我 □1陽 □3 △1 P4」

 

 

相性は片岡さんが「先生」で、ベッキーさんが「生徒」。

心は「□1」同士、頭は「△1」同士。

仲睦まじい夫婦愛を育んでほしい。

 

 

さて、前述の窪田正孝さんも「□1」である。

水川あさみさんの才能に惚れ込んだのだろうと想像する。

 

 

「結婚したい」という男女は多い。

だが、すぐに「収入がどうの」「職業がどうの」という話になる。

 

 

結婚感は人それぞれ。

時代の流れもあるのだろう。

 

 

とはいえ、人生の伴侶として一緒に生きる夫婦である。

相手の「中身」に惚れ込むことが大前提だと僕は思う。

 

 

パートナーにはどんな魅力があるだろうか。

わたしだけがこの人の魅力を知っている。

そういうものをかき集めてみよう。

 

 

 

あらゆる事物には陰と陽がある。

すべてを受け止めてこその「愛」ではないだろうか。

 

 

素敵なパートナーシップを育むしつもん

わたしだけが知っている魅力は何ですか?

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。