リーダーとは采配を振るう者である。

読書感想文

たとえば部下がタバコをやめないとする。

それで臭害の苦情が上司にやってくる。

「◯◯課長がタバコ臭いんです!」

なんて言われて困ってしまう。

 

 

そんなとき、あなたが部下に

「タバコをやめろ」

なんて言ったら角が立つ。

 

 

なんなら

「パワハラです」

とか言われちゃうかもしれない。

 

 

だから、

組織を回すのです。

 

 

その部下が大好きな新入社員のA子ちゃん。

彼女に一言、こう呟いてもらうのだ。

 

 

「あたし〜、タバコの臭いのする男性って、苦手なんですよねぇぇ♡」

 

 

これが「回す」である。

なんでもかんでも動くのがリーダーではない。

適材適所。

人を動かすのである。

 

 

「よく△の人をうまく乗せられない」

とか

「◯の人の話を聞いていられない」

とか、

そんな相談をよく受ける。

 

 

その気持ち、僕も□だからよくわかるのだ。

 

 

そんな時はどうするか。

△の人を乗せて気分を上げることを、別の△さんに頼めばいい。

◯の人の話を聞く役目を、別の◯の人に頼めばいい。

 

 

組織を回すとはそういうことである。

采配を振るうのである。

 

 

だからこそ、それぞれの能力を見極める必要がある。

相性を見る必要がある。

コミュニケーションのスタイルや役割を理解する必要がある。

 

 

命術師とは軍師である。

命理学を学び、リーダーの参謀役としてお仕えする。

 

 

そういう仕事を僕はしている。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。